プリンターの市場規模、2027年に141億8000万米ドル到達予測

プリンターの市場規模は、2022年の107億1000万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2023年に113億7000万米ドルとし、さらに、2027年には141億8000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

プリンター市場は、コンピューターに接続して文書を紙で印刷する出力機器であるプリンターの売上で構成されています。これには、テキスト文書、画像、またはその両方の組み合わせが含まれ、インパクトプリンターとノンインパクトプリンターに分類されます。プリンターは、コンピューターからテキストやグラフィックの出力を受け取り、その情報を送信してハードコピーを生成する装置です。2022年のプリンター市場は、北米が最大となり、アジア太平洋地域は、今後最も成長する地域になることが予想されます。

プリンターの主な種類は、ドットマトリクスプリンター、ラインプリンター、デイジーホイールプリンター、レーザーおよびLEDプリンター、モノラルプリンターがあります。ドットマトリクスプリンターは、インクリボンにピンを衝突させて印刷するインパクトプリンターです。使用される技術には、インクジェット、サーマル、インパクトがあり、有線または無線に分類されます。出力の種類はカラーとモノクロがあり、住宅、商業施設、教育機関、企業、政府などのエンドユーザーで使用されています。

3Dプリンターの需要の高まりは、市場の成長を促進しています。3Dプリンターは、付加加工と呼ばれる技術を使って、設計が完成する前に物体を層ごとに成形(印刷)するものです。自動車から消費者製品まで、業界を問わず、企業は3Dプリンターが生産にもたらす利点に気付きつつあります。例えば、2021年8月、米国のShapeways Holdings, Inc.の調査では、63%が自社の3Dプリンティングへの自信を深めていると回答し、87%がパンデミックによる厳しいサプライチェーンの混乱が3Dプリント投資に拍車をかけたと報告しています。3Dプリンティングへの投資は、労働生産性の向上(64%)、資産活用の促進(57%)、在庫コストの削減(46%)など、さまざまなメリットをもたらすと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]