モニターの市場規模、2027年に677億9000万米ドル到達予想

モニターの市場規模は、2022年の581億3000万米ドルからCAGR3.6%で成長し、2023年に602億1000万ドルとし、さらに、2027年には677億9000万米ドルに達すると予想されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

モニター市場は、スクリーンを使って情報を画像として表示する電子出力装置であるモニターの売上で構成されています。モニターは、テレビモニターなどを代表とする表示装置です。コンピュータではグラフィックカードからのグラフィック出力信号を解釈し、画面に表示します。2022年のモニター市場では、アジア太平洋が最大地域となりました。北米は今後、最も急速に成長する地域になることが予想されます。

モニターの主な種類には、ブラウン管 (CRT)、液晶ディスプレイ (LCD)、および発光ダイオード (LED)があります。ブラウン管(CRT) は特殊な真空管で、電子ビームが燐光面に当たると可視画像を作成します。モニターが提供する解像度には、1366*768、1920*1080、1536*864、1280*720、1440*900 などがあり、ゲーム、ビジネス/商用、および個人用アプリケーションで使用されています。

インターネット普及率の高まりが、今後のモニター市場の成長を促進すると予想されます。Internet World Statsによると、2020年6月現在、約48億3千万人がインターネットを利用しており、これは世界全体の人口の約62%にあたります。インターネット利用者の数は毎年6%以上増加しています。2019年6月から2020年6月にかけて、2億9500万人以上の新規ユーザーがオンラインを利用するようになり、1日平均約80万人の新規ユーザーの増加につながっています。世界的に見ると、経済規模の大きい世界のインターネットユーザーの4分の3以上が、デスクトップやノートパソコンでオンラインを利用しています。インターネットの普及率の向上がモニター市場の成長を牽引しています。

スマートフォンの需要増は、今後のモニター市場の成長を妨げると予想されます。スマートフォンは今やメインのコンピューティングデバイスとなり、消費者のスマートフォンの更新がノートパソコンよりも早いため、ノートパソコンとスマートフォン間の効率格差は拡大し続けています。最新のスマートフォンは、今やノートパソコンよりも性能が優れているとさえ言われています。Samsungが委託した調査によると、スマートフォンの数は毎年9%ずつ増加し、2023年には72億台に達すると予測されています。スマートフォンの需要増がモニター市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]