遺伝子組換え作物の市場規模、2027年に280億3000万米ドル到達予想

遺伝子組換え作物(GM作物)の市場規模は、2022年の210億8000万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2023年に222億9000万米ドルとし、さらに、2027年には280億3000万米ドルに達すると予想されています。遺伝子組換え作物とは、遺伝子組換え技術によりDNAが改変された農作物のことです。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19の大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の市場に影響を与えています。

遺伝子組換え作物市場は、遺伝子組換えトウモロコシ、遺伝子組換え米、その他の遺伝子組換え作物の生産に従事する事業体が得る収入で構成されています。2022年の遺伝子組換え作物市場は、北米が最大地域となりました。南米は、2番目に大きな市場となりました。

遺伝子組換え作物の主な形質には、除草剤耐性(HT)、昆虫耐性(IR)、積層形質(ST)、その他があります。主な作物の種類は、大豆、綿花、トウモロコシ、ナタネ、タバコ、その他です。遺伝子組換え作物に用いられる技術は、ジーンガン、エレクトロポレーション、マイクロインジェクション、アグロバクテリウムなどがあります。遺伝子組み換えの種類は、トランスジェニック、シスジェニック、サブジェニック、マルチトレイトインテグレーションがあり、科学研究や農作物に適用されています。

遺伝子組み換え作物は、昆虫耐性や除草剤耐性などの形質を持っており、こうした作物の需要に貢献しています。また、遺伝子組み換え作物には、高い栄養価、収穫量の向上、保存期間の延長などの利点があります。このような理由から、農家は収穫量と利益を上げるために遺伝子組み換え作物に頼っています。米国農務省(USDA)によると、遺伝子組み換えの耐虫性コットンは、地下水や環境を汚染している合成農薬の使用を大幅に減らすと言われています。遺伝子組み換え作物がもたらす環境への懸念と利点が、今後の市場の需要を促進しています。

世界中の人口の急激な増加が、遺伝子組み換え作物の導入の必要性を高めています。農家は、増加する人口の需要を満たすことができる作物を生産するために、新しい技術を採用する必要があります。遺伝子組み換え作物は、食品ロスや廃棄物を減らし、土壌や水の管理を改善し、環境を保護しながら収穫量を向上させるのに役立ちます。国連によると、2050年までに世界の人口は約100億人になると予想されています。したがって、遺伝子組換え作物は、この増加する人口を養い、食料安全保障を維持するために重要と言えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]