グルテンフリー食品の市場規模、2027年に105億2000万米ドル到達予測

グルテンフリー食品の市場規模は、2022年の62億6000万米ドルからCAGR11.9%で成長し、2023年に70億1000万米ドルとし、さらに、2027年には105億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

グルテンフリー食品市場は、グルテンフリー食品の販売と関連サービスから構成されています。グルテンとは、大麦、小麦、ライ麦など様々な穀物に含まれるタンパク質群で、その食品は、セリアック病患者やグルテンにアレルギーのある人などを中心に摂取されています。グルテンフリー食品は、果物や野菜、肉、魚、ジャガイモ、米、レンズ豆などで構成されており、その利点には、体重減少、エネルギー増加、健康増進が含まれます。2022年のグルテンフリー食品市場は、アジア太平洋地域が最大となり、西ヨーロッパは、2番目に大きな地域となりました。

グルテンフリー食品の主な製品タイプは、ベーカリー製品、乳製品および乳製品代替品、肉類および肉類代替品、調味料、シーズニング、スプレッド、デザートおよびアイスクリーム、調理食品、パスタおよび米飯、その他です。ロールパンは、食事とともに提供される小さな円形または長方形のパンのことです。パンは主食であり、通常、小麦粉と水を混ぜた生地から焼成して作られ、その流通経路は、従来の小売業者と自然販売経路です。食事の種類は、朝食、昼食、夕食の3種類です。

過敏性腸症候群(IBS)やセリアック病の発症率の増加が、グルテンフリー食品の需要増に寄与すると予想されます。セリアック病は、小腸の絨毛に損傷を与え、食物からの栄養素の吸収に影響を及ぼす重度の遺伝的自己免疫疾患です。全米セリアック病啓発財団(NFCA)によると、米国では300万人(133人に1人)がセリアック病と推定されています。IBSの患者はグルテンに敏感であり、グルテンを含む食品を摂取することで病態が悪化します。IBSとセリアック病の発症率の上昇は、今後、グルテンフリー食品の需要を押し上げると予測されます。

グルテンフリー製品のコストが高いことが、今後数年間の市場の成長を制限すると予想されます。グルテンフリー製品は、グルテン含有小麦をグルテンフリー小麦に置き換えるとともに、イヌリン、グアーガム、チコリ、オリゴフルクトースなどの追加原料を必要とするため、製造コストが高くなります。米国国立生物工学情報センター(NCBI)によると、グルテンフリーの商品は通常の商品より242%高価と報告されており、今後のグルテンフリー製品市場の成長を抑制することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]