水素の市場規模、2027年に295億4000万米ドル到達予測

水素の市場規模は、2022年の135億7000万米ドルからCAGR17.7%で成長し、2023年に159億6000万米ドルとし、さらに、2027年には295億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

水素市場は、グリーン水素、ブルー水素、ブラウン水素、イエロー水素、ターコイズ水素、ピンク水素の販売で構成されています。水素は、工業用塩素製造の副産物として、電気分解により製造されます。その製造には、高価な技術を必要としますが、冷却、圧縮、精製して他の工程で使用することも、パイプライン、シリンダー、トラックを介して顧客に販売することもできます。2022年の水素市場は、アジア太平洋地域が最大となり、北米は2番目に大きな市場となりました。

パイプラインにおける水素の流通形態は、高圧チューブトレーラーまたはシリンダーです。パイプラインとは、液体、気体、または細かく分割された固体を輸送するためのポンプ、バルブ、制御装置を備えた管路のことで、化学薬品、精製所、金属加工などに利用されます。また、そのエンドユーザーは、化学、航空宇宙・自動車、エネルギー、精製、ガラス、溶接、金属加工、など他分野に渡ります。

ヘルスケア分野では、より健康的で質の高い生活の実現を目指して、新たな展開が見受けられます。水素など工業用ガスは、医薬品ベースの製品に臨床的に使用するために準備されています。St. FrancisやVA Loma Lindaなどの病院では、すでに発電プロセス用の水素プラントを導入しています。人工多能性幹細胞(IPS)を使った治療や医薬品開発は、ガスを使ったシステムの応用で、同市場に新たな付加価値をもたらしています。水素は、細胞や組織の培養・保存に不可欠であり、高品位な産業用ガスの需要を牽引しています。

水素の輸送・貯蔵コストが高いことが、水素市場の抑制要因になると予想されます。例えば、1ガロンのガソリンの質量が約2.75kgであるのに対し、1ガロンの水素の質量はわずか0.00075kg(1気圧、0℃の場合)です。大量の水素を輸送するためには、水素を加圧して圧縮ガスとして配送するか、液化して配送する必要があります。水素がどこで製造されるかは、コスト、最適な配送方法、および広い可燃範囲に大きな影響を与える可能性があります。水素は、生産地から使用地まで、パイプライン、極低温液体タンクローリーや気体チューブトレーラーにより、道路、または鉄道やバージで輸送されます。これらの要因は、水素市場にマイナスの影響を与えると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]