商業用床材市場、2026年に724億2000万米ドル到達予想

商業用床材市場は、2021年の547億6000万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2022年に590億1000万米ドルとし、さらに、2026年には724億2000万米ドルに達すると予想されています。

この成長は主に、運営上の困難をもたらしたCOVID-19の影響から回復するため、社会的距離、遠隔勤務、商業活動の閉鎖を含む制限的な封じ込め策をとり、企業が事業を再編したことによるものです。

商業用床材市場は、広幅織物、カーペット、ラグの販売で構成されています。同市場の価値は、「ファクトリーゲート」価値、つまり、メーカーまたはクリエイターが、他の事業体(川下のメーカー、卸売業者、流通業者、小売業者を含む)や最終顧客に販売する商品の価値であらわすことが出来ます。なお、この市場における商品の価値には、商品の作り手が販売する関連サービスも含まれます。

商業用床材は、天然高分子材料と合成高分子材料を組み合わせて作られた耐久性のある床材で、ホテルのロビーやオフィスのホワイエ、学校や病院など、あらゆる場所で使用されています。また、デザイン性や素材の革新性から、急速に採用される場所が増えています。

2021年の商業用床材市場では、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後、最も成長する地域となる見込みです。

商業用床材の主な製品種類は、ソフトカバー床材、弾力性床材、非弾力性床材、シームレス床材、木材・ラミネート材などがあります。ソフトカバー床材は、硬質床材の上に施工される二次床材です。関係するさまざまな流通経路は小売、および卸売・販売業者のビジネス動向で、医療、教育、ホスピタリティ、小売、公共施設、およびその他の用途に使用されています。

急速な都市化が、今後の商業用床材市場の成長を後押ししています。都市化とは、人口が地方から都市部へ移動することを指します。この人口移動により、住宅や商業施設へのニーズが高まり、建設が活発化し、商業用床材市場の成長を後押ししています。例えば、エチオピアにあるアディスアベバ大学エチオピア建築・建設・都市開発研究所の報告書によると、世界の都市人口は2050年に63億人増加すると予測されています。また、ケニアに本部を置く国連人間居住計画が発表した「World Cities Report 2022」によると、現在、都市部には世界人口の55%が居住しており、2050年には68%に増加すると予想されています。したがって、都市化の進展が同市場成長の原動力となっています。

商業用床材市場では、製品イノベーションが人気を博している重要なトレンドとして浮かび上がっています。革新的な製品を提供することで、企業は市場での存在感を保ちつつ、成長することができます。市場で事業を展開している主要企業は、消費者の需要を満たすために革新的な製品を提供することに注力しています。例えば、インドに拠点を置く商業用および家庭用の床材メーカーであるWelspun Flooring社は、抗ウィルス性の床材ソリューションシリーズを発表しました。この床材は、銀イオンと酸化チタンの特殊コーティングが施されており、ウイルスの増殖を99.68%抑制し、抗菌・防カビ・抗菌性にも優れているのが特徴です。抗菌層は、細菌やカビによる汚れや変色、タイルカーペットの嫌な臭いから床材を守ります。さらに、ダニや藻類、真菌類などの微生物からも保護し、商品内部の微生物の繁殖を積極的に抑制します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]