ガス分離膜の市場規模、2026年に26億1000万米ドル到達予想

ガス分離膜の市場規模は、2021年の16億7000万米ドルからCAGR11.27%で成長し、2022年に18億6000万米ドルとし、さらに、2026年には26億1000万米ドルに達すると予想されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19の大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。ガス分離膜市場は、高分子膜、無機膜、金属膜の販売で構成されています。

ガス分離膜は、原料の入口と製品の出口に圧力差がある場合に使用され、膜の孔径、粒子径などによって気体を分離します。アンモニアプラントにおける水素と窒素の分離、石油化学における水素と炭化水素の分離など、多くの気体の分離用途でガス分離膜が使用されています。2021年のガス分離膜市場では、アジア太平洋が最大地域となり、今後、最も成長する地域になると予想されます。

ガス分離膜の主な種類には、ポリイミドとポリアラミド、ポリスルホン、酢酸セルロース、およびその他の製品が挙げられます。ポリイミドやポリアラミドのガス分離膜は、熱的、化学的、機械的特性に優れ、並外れた膜形成能力を持つという特性があります。ガス分離用ポリイミド膜には、ポリイミド微多孔膜、ヒドロキシル官能基化ポリイミド、ポリイミド系炭素分子篩膜などがあります。ガス分離膜のモジュールは、中空糸型、スパイラルワインド型、プレート&フレーム型などで構成され、窒素生成・酸素富化、水素回収、二酸化炭素除去、蒸気/ガス分離、蒸気/蒸気分離、空気脱水などの用途に適用されます。ガス分離膜は、化学、石油・ガス産業、電力、食品・飲料などのエンドユーザーを含む、様々な産業で使用されています。

バイオガスの需要の高まりは、ガス分離膜の市場を牽引しています。バイオガスは、酸素のない環境で有機物を嫌気性分解することによって生じるメタン、二酸化炭素、および微量の他のガスの混合物です。バイオガスは、環境安全問題や持続可能なエネルギー需要の高まりから、高い需要があり、その製造には、ガス分離膜が使用されています。

高分子膜の開発は、ガス分離膜の主要なトレンドとなっています。ガス分離膜の主要企業は、効率的なガス分離を実現するために高分子膜の開発を進めています。2つの気相の間に薄い半透明の壁があるものを高分子膜と呼びます。高分子膜を使って、天然ガスからの二酸化炭素の除去、空気からの酸素の除去、水素の回収、さらに最近では炭素の回収など、多様なガス分離が実現されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]