3Dスキャンの市場規模、2026年に82億3000万米ドル到達予測

3Dスキャンの市場規模は、2021年の44億6000万米ドルからCAGR16.1%で成長し、2022年に51億8000万米ドルとし、さらに、2026年には82億3000万米ドルに達すると予測されています。ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

3Dスキャン市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、現実世界の物体の3Dモデルを作成するために使用される3Dスキャンの販売で構成されています。3Dスキャンとは、現実の物体の距離点測定値を収集し、仮想の3D物体に変換するイメージングデバイス技術を指します。3Dスキャンは、高精度な計測と、対象物を複数回撮影することで、3Dスキャナで取得したデータを十分に活用し、可視化し、修正する機能をユーザーに提供します。3Dスキャンの目的は、製造プロセスを開始する前に最終製品のノードを想像することです。

3Dスキャンの主な種類は、光学スキャナー、レーザースキャナー、構造化光スキャナーです。光学式スキャナーは、コード、テキスト、グラフィックイメージを光ビームで直接コンピューターやコンピューターシステムにスキャンするコンピューター入力デバイスを指します。ハードウェア、ソフトウェア、サービスなどさまざまな製品があり、エンターテインメントやメディア、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、土木・建築、工業生産など、さまざまな用途で利用されています。2021年の3Dスキャン市場では、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後、最も急速に成長する地域になると予想されます。

バーチャルリアリティとオーグメンテッドリアリティの需要の高まりは、今後3Dスキャン市場の成長を促進すると予想されます。バーチャルリアリティとは、高度なコンピュータ技術を使用してデジタルで作成された3D環境を指し、ユーザーにとって現実に見えるオブジェクトやシーンを作成し、周囲の環境に没入したように感じさせます。3Dスキャンは、現実の物体やシーンを遠隔地からアクセス可能な仮想世界に持ち込むのに役立ちます。例えば、米国のメディアイベントリサーチ会社であるInternational Data Corporationによると、2022年第1四半期のVRヘッドセットの世界出荷台数は、前年同期比で241.6%増に達したと報告しています。仮想現実と拡張現実の需要の高まりは、3Dスキャン市場を推進することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]