デジタル動画広告市場、2026年に1977億5000万米ドル到達予測

デジタル動画広告市場とは、事業体(団体・個人事業主・組合)による、販売数量の増加や話題性、簡潔で魅力的な情報提示を目的とした広告を行うデジタル動画広告サービスの販売です。デジタル動画広告は、本編映像の前後や途中に、短い映像を差し込むことで商品を宣伝するマーケティング技術を使い、ブランドが何百万人もの視聴者にプロモーション用のコンテンツを提示する手段となっています。

デジタル動画広告市場は、2021年の444億2000万米ドルからCAGR33.5%で成長し、2022年に592億9000万米ドルとし、さらに、2026年には1977億5000万米ドルに達すると予測されています。ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

デジタル動画広告の主な種類は、リニアビデオ広告、ノンリニアビデオ広告、インストリームビデオ広告、アウトストリームビデオ広告、およびその他の広告に分類されます。リニアビデオ広告とは、動画コンテンツの前、中、後に表示される動画コンテンツと一緒に時系列で再生される広告のことを指します。プラットフォームは、デスクトップ、モバイル機器、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、ビルボードなどで、エンドユーザーには、小売・Eコマース、自動車、BFSI、IT・通信、消費財・エレクトロニクス、メディア・エンターテインメント、政府、その他が含まれます。2021年のデジタル動画広告市場は、北米が最大となりました。

デジタルメディアの利用増は、将来的にデジタル動画広告市場の成長を促進することが期待されています。デジタルメディアは、さまざまなエンコードされた機械可読データ形式を使用する通信メディアであり、さまざまなブランドを宣伝することで、デジタル動画広告市場を支援します。多くのプラットフォームでのデジタルメディアの消費の増加により、新たな可能性が開かれました。 たとえば、米国を拠点とする、デジタル広告エコシステムの健全性に関する業界ベンチマークである Internet Architecture Board によると、デジタル動画広告への支出は 2021年に49%増加し、さらに、2022年には26%増加して492億米ドルになると予測されています。デジタルメディアの使用増は、デジタル動画広告市場の成長を後押ししています。

主要な市場プレーヤーは、多くの消費者に手を差し伸べるために、デジタルビデオ広告を開発するための革新的なプラットフォームの作成に彼らの努力を集中させています。例えば、2021年7月、中国に拠点を置くテクノロジー企業であるHuawei Technologies Co., Ltd.は、南アフリカに拠点を置く地域部門メディア企業であるWavemakerとともに、HUAWEI Adsを展開するために革新的なデジタル広告プラットフォームを立ち上げました。デジタル変革のためのHuawei Digital Platformは、AI、動画、ビッグデータ、セキュリティを駆使し、データの融合、業務上の課題、新たなビジネス価値を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]