Ddos保護・緩和の市場規模、2026年に68億1000万米ドル到達予測

Ddos(分散型サービス拒否)保護・緩和の市場規模は、2021年の32億1000万米ドルからCAGR16.3%で成長し、2022年に37億3000万米ドルとし、さらに、2026年には68億1000万米ドルに達すると予測されています。

DDoS保護・緩和市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、DDoS攻撃の標的となるサーバーやネットワークを保護するために使用される、DDoS保護・緩和ソリューションとサービスの販売で構成されています。被害者が受ける脅威を軽減するために特別に設計された、ネットワークまたはクラウドベースの保護サービスを指します。

DDoS保護・緩和のコンポーネントの主な種類は、ハードウェアソリューション、ソフトウェアソリューション、およびサービスです。ハードウェアソリューションは、外部からの攻撃に対する保護を提供します。展開には、オンプレミスとクラウドがあり、組織規模には、中小企業、大企業が含まれます。関連するさまざまなアプリケーションには、ネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、データベースセキュリティがあり、IT・通信、政府、教育などさまざまなエンドユーザーで利用されています。2021年のDDoS保護・緩和市場では、北米が最大地域となり、アジア太平洋は、最速で成長すると予想されます。

ウェブサイトへのサイバー攻撃の増加は、今後のDDoS保護・緩和市場の成長を促進すると予想されます。サイバー攻撃とは、個人または組織による意図的で悪意のある試みで、他人の情報システムに侵入し、ネットワークを混乱させることです。DDoS保護・緩和は、DDoS攻撃の標的となったサーバーやネットワークの保護に役立つため、サイバー攻撃の増加が市場の需要を増加させることが考えられます。例えば、2022年2月、米国のビジネス誌「Fortune」が発表した記事によると、ランサムウェアによるサイバー攻撃は2021年に105%急増したと言われています。

DDoS保護・緩和市場で事業を展開する主要企業は、自社の地位を強化するために、新しい技術的ソリューションの開発に注力しています。例えば、2021年、イスラエルに拠点を置くDDoS保護・緩和、サイバーセキュリティ企業のMazebolt Technologyは、MazeBolt Radarと名付けられた世界初のDDoSリスク評価製品である新製品を発表しました。Radarは、ダウンタイムなしに、本番環境でのDDoSシミュレーションを通じてDDoS防御を提供する特許技術です。この技術により、障害やダウンタイムなしにDDoSの緩和を維持することができます。

2021年1月、欧州を拠点とするDDoS対策、サイバーセキュリティ企業のLink 11は、DOSarrest Internet Security Limitedを非公開の金額で買収しました。この買収により、Link 11はセキュリティサービスのインフラを拡張・強化し、デジタルサービスやプロセスに依存する新しい顧客を獲得することができます。リンク11は、DOSarrestの買収により、世界各地への事業拡大が可能になり、DDoS防御ソリューションのリーディングプロバイダーとしての地位が強化されると考えています。DOSarrest社は、バンクーバーに拠点を置くDDoS防御サービスのプロバイダーで、世界各地の複数の顧客にサービスを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]