バーチャルミラーの市場規模、2026年に180億2000万米ドル到達予測

バーチャルミラーの市場規模は、2021年の61億2000万米ドルからCAGR 25.1%で成長し、2022年に76億6000万米ドルとし、さらに、2026年には180億2000万米ドルに達すると予測されています。

バーチャルミラー市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、店舗の鏡の中の仮想アバターに服を試着させるバーチャルミラーの販売で構成されています。AR(拡張現実)技術を利用し、実際に試着することなく、その服がどのように見えるかを表示することができ、モーション・レンダリング技術により、様々な動作や照明条件(昼と夜の両方)での着こなしを確認することもできます。

バーチャルミラー市場は、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの3つに分類されます。ソフトウェアは、コンピュータープログラムのことであり、バーチャルミラー機能の背後にあるプログラミングを形成する、不可欠な要素となっています。また、ソフトウェアは、顔認識アルゴリズムやトラッキングアルゴリズムエンジンのプログラミングなど、バーチャルミラーの動作に必要なアルゴリズムを提供します。3Dボディスキャン、フォトアキュレートVFR、3Dオーグメンテッドリアリティー、バーチャルリアリティーなど、さまざまな技術が店舗で使用されています。展開モードは、クラウドとオンプレミスがあります。2021年のバーチャルミラー市場は、北米が最大地域となりました。アジア太平洋は、今後最も成長する地域になることが予想されます。

オンラインショッピング活動の増加は、今後バーチャルミラー市場の成長を促進することが期待されます。オンラインショッピングとは、消費者がウェブを使ってインターネット上の売り手から直接商品やサービスを購入できる電子商取引の一形態を指します。バーチャルミラーは、携帯電話のアプリケーションで利用でき、ユーザーが髪型やメイクアップ、アクセサリーなどの見た目を修正するのに役立ちます。また、オンラインショッピングや店舗での買い物において、商品やアクセサリーがどのように見えるかを示す技術としても利用されています。例えば、インドの輸出振興機関であるIndian Brand Equity Foundationによると、インドの電子商取引は2020年には4%増の39億5000万米ドルとなり、2025年には8%増の269億3000万米ドルになると予想されています。さらに、米国のビジネス誌「フォーブス」によると、2021年、米国でのオンラインショッピングは、2020年と比較すると14.2%増加し、8700億米ドルに達しました。2021年の米国における全小売売上高のうち、電子商取引は13.2%を占めています。オンラインショッピング活動の増加がバーチャルミラー市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]