産業用チューブの市場規模、2026年に7153億6000万米ドル到達予測

産業用チューブの市場規模は、2021年の4943億1000万米ドルからCAGR10.1%で成長し、2022年に5441億5000万米ドルとし、さらに、2026年には7153億6000万米ドル達すると予測されています。

産業用チューブ市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、固体や流体の輸送に使用される産業用チューブの販売で構成されています。産業用チューブは、水、ガス、下水、その他の物質を輸送し、石油や天然ガスのパイプライン、発電所、化学処理施設、製油所、製鉄所、製紙所などの企業に重要なサービスを提供しています。

産業用チューブには、主にプロセス管、メカニカル管、熱交換器用管、構造用管、油圧・計装用管などがあります。プロセス管とは、圧力または真空下で化学物質を運ぶ配管システムのことで、化学プロセスで使用される配管システムの価値を定義するために使用されます。産業用パイプは、鋼や非鋼などの複数の材料を使用するシームレスおよび溶接プロセスによって製造され、石油やガス、石油化学、自動車、機械やエンジニアリング、建設、および他のエンドユーザーで採用されています。2021年の産業用チューブ市場では、アジア太平洋が最大地域となり、同時に、最も急速に成長する地域になると予想されます。

石油・ガス産業の台頭は、今後、産業用チューブ市場の成長を促進することが予想されます。石油・ガス部門は、炭化水素の探査、開発、掘削、生産、精製、流通、輸送に重点を置いています。産業用チューブは、原油や精製石油、また石油や天然ガス、バイオ燃料などの燃料を効率的に輸送するために設計されています。例えば、インドの政府輸出促進機関であるIndia Brand Equity Foundationによると、2021年9月現在、インドの石油精製能力は年産2億4890万トン(MMTPA)であることが分かっています。また、1月までの22年度のインドの原油生産量は32.2MMTでした。さらに、米国のエネルギー分野の連邦統計システムである米国エネルギー情報局によると、2022年4月の米国の原油生産量は34万8849バレルでした。石油・ガス産業の高まりは、産業用チューブ市場の需要を促進しています。

工業用チューブ市場で事業を展開する主要企業は、市場での地位を強化するために、技術的に高度な製品の開発に注力しています。例えば、2021年7月、ドイツの金属複合クラッド企業であるNobelClad Europe GmbHは、腐食性、高温、高圧の工業処理環境での使用向けに開発した高性能クラッド金属管製品、DetaPipeを発売しました。DetaPipeは、ジルコニウムやチタニウムなどの耐食合金と、炭素鋼などの安価なベースメタルを組み合わせる特許取得済みの製造方法によって製造されています。チタンやジルコニウムのパイプと比較すると、性能と破壊靭性が優れています。DetaPipeは、ポリエステルの重要成分であるモノエチレングリコールをはじめ、エピクロロヒドリン(ECH)、メラミン、尿素などの重要化合物の処理に使用することが出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]