床研磨機の市場規模、2026年に182億2000万米ドル到達予測

床研磨機の市場規模は、2021年の131億米ドルからCAGR9.2%で成長し、2022年に143億1000万米ドルとし、さらに2026年には182億2000万米ドルに達すると予測されています。

床研磨機市場は、事業体(団体、個人事業主、販売店)による、施設の床のワックスを除去するために使用される床研磨機の販売で構成されており、床面に光沢を出すための電気器具を指します。また、回転するブラシやパッドで床をこすり、磨き、バフがけすることで外観を維持する多用途の床清掃機です。

床研磨機の主な対象は、カーペット、コンクリート、石、木、タイル、グラウトなどの床で、カーペットタイプには、専用のクリーニング研磨機があります。操作には、手動、半自動、自動があり、住宅や商業施設など様々な用途で使用されており、オンラインやオフラインを含む様々な流通経路で販売されています。2021年の床研磨機市場は、アジア太平洋が最大地域となりました。

建設産業が拡大することで、今後、床研磨機市場の成長を促進することが期待されます。建設業は、構造物の建設、保守、修理に基づく製造業の一分野で、掘削、固体鉱物探査、床研磨などが含まれます。建築・建築設備では、インフラの補修や復旧に床研磨機が使用されています。例えば、土木事業を推進する英国のICE(Institution of Civil Engineers)によると、世界の建設市場は2030年までに8兆米ドルに成長すると予想されています。また、インドに拠点を置く国家投資促進・円滑化機関であるインベスト・インディアによると、インドの建設産業は2025年までに1兆4,000億米ドルに達すると予想されています。建設産業の成長が床研磨機市場の成長を牽引しています。

技術の進歩は、床研磨機市場で人気を博している重要な傾向です。床研磨機市場で事業を展開する主要企業は、消費者の需要に応え、自社の地位を強化するために、新たな技術的進歩に注力しています。例えば、2022年4月、米国の床清掃機・機器メーカーであるTennant Company社は、自律移動型ロボット(AMR)機のポートフォリオにリチウムイオン技術を導入することを発表しました。この新しい先進的なバッテリー技術は、世界中の床研磨機業界の顧客に、コストを削減しながら最大限の生産性を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]