クラウドベースのITSM市場、2026年に153億8000万米ドル到達予測

クラウドベースのITSM市場は、2021年の66億5000万米ドルから17.85%で成長し、2022年に78億3000万米ドルとし、さらに2026年には153億8000万米ドルに達すると予測されています。

クラウドベースのITSM市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、遠隔地の作業環境へのアクセスを提供するクラウドホスティングシステムを参照するクラウドベースのITサービスマネジメント技術および関連サービスの販売で構成されています。このクラウドホスティングにより、プロセスのワークフローを迅速かつ容易に可視化でき、企業はウェブ上でより自由なサービスを受けられるようになります。ITSMプラットフォームの目的は、IT部門の運用コストを下げ、企業の利益と仕事の柔軟性を高めることにあります。

クラウドベースのITSM市場の主な構成要素は、ソリューションとサービスです。サービス分野は、ネットワーク、インターネット、サーバー、ソフトウェア、サービス、アプリケーションとネットワーク、エンドポイントハードウェアなど、ITSMプロセス全体に焦点を当てています。これらのソリューションとサービスは、IT・通信、BFSI、ヘルスケア、製造、小売、教育といった業界の中小企業や大企業に提供されています。2021年のクラウドベースのISTM市場では、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後、最も急速に成長する地域となる見込みです。

クラウドの採用は、コストとリスクを下げながら、インターネットベースのデータベース機能の拡張性を向上させることを目的としたビジネス戦略です。組織は、クラウドコンピューティング、つまりインターネット上でホストされているリモートコンピュータを使用して、必要なデータの保存、管理、処理を行います。例えば、2021年11月、米国の学習会社オライリー・メディアで発表された「2021年クラウド導入調査」では、COVID-19がクラウド導入アプリケーションを加速させたことが示されています。オライリーの調査によると、クラウドの導入は業界を問わず急速に進んでおり、9割の企業がクラウドコンピューティングを利用していると言われています。これは、88%の回答者がクラウドを利用していた昨年の調査(2020年)よりも増加しており、クラウドの利用が加速していることを示しています。クラウドベースのアプリケーションの採用は、クラウドベースのITSM市場を牽引するものと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]