エナジードリンクの市場規模、2026年に766億米ドル到達予測

エナジードリンクの市場規模は、2021年の545億6000万米ドルからCAGR6.93%で成長し、2022年に583億5000万米ドルとし、さらに2026年には766億米ドルに達すると予測されています。

エナジードリンク市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、カフェイン、砂糖、ハーブエキス、タウリン、アミノ酸などの刺激性化合物を含み、精神的・肉体的な刺激を与える飲料を指すエナジードリンクの販売で構成されており、10代から大人まで、精神的な覚醒や身体的なパフォーマンスを向上させるために摂取される人気の栄養補助食品です。

エナジードリンクの主な製品タイプには、ドリンク剤、ショット剤、ミキサーなどの種類があり、砂糖とカフェインを含み、身体的パフォーマンスと精神的覚醒を高める効果があります。また、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、薬局/健康食品店、オンライン小売店を通じて販売されており、缶やボトルなどに詰められて提供されています。2021年のエナジードリンク市場は、北米が最大地域となり、アジア太平洋地域は、今後、最も急速に成長する地域になると予想されています。

電子商取引のような、新しい流通チャネルにおけるエナジードリンクの需要の増加は、エナジードリンク市場の成長を促進することが予想されます。eコマースのような新しい流通チャネルにおけるエナジードリンクの需要は、どこでも、いつでも買い物ができる利便性、スマートフォンの急速な普及、テクノロジーへの簡単かつ手頃なアクセス、競争力のあるオンライン価格、その他によって拡大しています。このようなEコマース・プラットフォームへの嗜好の高まりは、エナジードリンクを顧客に配布し、製品が時間通りに届くようにする上で重要な役割を果たし、エナジードリンクの売上を大きく伸ばすと思われます。Eコマースは、店舗に足を運ぶ必要性をなくし、ショッピングの利便性を提供します。例えば、2020年4月、米国のフィットネスドリンクメーカーであるCelsius Holdings Incは、新たなEコマースパートナーとEマーケティング施策により、オンライン販売量が過去最高となったことを発表しました。同社は、2020年4月のエナジードリンクの1日平均オンライン販売量が、昨年同時期と比較して167%超という驚異的な伸びを記録しました。また、食品や飲料の宅配・ピックアップサービスを選ぶ消費者の増加を受けて、食料品の宅配サービスの大手であるInstacart社の「エナジードリンク通路」をスポンサーとして、オンラインキャンペーンのターゲットとしました。eコマースのような新しい流通チャネルでのエナジードリンクの需要増は、エナジードリンク市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]