コンポーザブルインフラストラクチャの市場規模、2026年に194億2000万米ドル到達予測

コンポーザブルインフラストラクチャの市場規模は、2021年の26億7000万米ドルからCAGR43.85%で成長し、2022年に38億4000万米ドルとし、さらに2026年には194億2000万米ドルに達すると予測されています。

コンポーザブルインフラストラクチャ市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、デバイスリソースをサービスとして扱えるように切り離すためのフレームワークを参照するコンポーザブルインフラストラクチャソリューションの販売で構成されています。サービスとして扱えるデバイスリソースには、物理コンピューティング、ストレージ、ネットワークファブリックの各リソースが含まれます。コンポーザブルインフラストラクチャは、無駄を省き、新しいアプリケーションの導入にかかる時間を短縮することで、費用対効果を高めます。

コンポーザブルインフラストラクチャの主な種類には、ソフトウェアとハードウェアがあり、コンピュート、ストレージ、およびネットワーキングのリソースを物理的な場所から抽象化し、ソフトウェアがWebベースのインターフェイスを介してそれらを管理することを可能にします。これらは、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドインフラに展開され、そのエンドユーザーには、BFSI、IT・通信、政府、ヘルスケア、製造業、その他の業種が含まれます。2021年のコンポーザブルインフラストラクチャ市場は、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後、最も成長率の高い地域となる見込みです。

アジャイルITインフラへの需要の高まりが、コンポーザブルインフラストラクチャ市場の成長を促進しています。アジャイルITインフラストラクチャの需要は、主にビジネスの成長促進、コスト削減、チームパフォーマンスの向上といったニーズから高まっています。また、企業はアジャイルITインフラストラクチャを利用することで、新技術の迅速な導入、導入オプションの活用、Webアプリケーションの構築の迅速化などを実現することができます。このようにアジャイルITインフラへの需要が高まることで、コンポーザブルインフラストラクチャは、可能な限り最高のアプリケーションパフォーマンスを提供し、利用不足と過剰プロビジョニングを削減し、よりアジャイルでコスト効率の高いデータセンターを実現します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]