肥料用触媒の市場規模、2026年に29億9000万米ドル到達予測

肥料用触媒の市場規模は、2021年の25億4000万米ドルからCAGR3.3%で成長し、2022年に26億2000万米ドルとし、2026年には29億9000万米ドルに達すると予測されています。

肥料用触媒市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、化学反応を加速させるために肥料の生産に使用される、肥料用触媒の販売または関連サービスから構成されています。肥料用触媒とは、肥料の製造において、反応速度を高め、肥料の製造時間を短縮するために使用される触媒物質を指します。触媒は活性化エネルギーを低下させ、窒素と水素の結合をより容易に切断できるようにします。

肥料用触媒の主な製品は、鉄系、バナジウム系、白金系、ロジウム系、ニッケル系、パラジウム系、ルテニウム系、亜鉛系、コバルト系、モリブデン系、クロム系、銅クロマイトなどがあります。モリブデン系とは、多くの性質がクロムやタングステンに似ている金属元素で、特に鋼の強化や硬化に使われ、動植物の代謝にも関わる微量元素です。プロセス別には、ハーバーボッシュ法、接触法、硝酸製造、カリ肥料製造、尿素製造などがあり、用途別には、窒素肥料、リン酸質肥料、その他があります。2021年の肥料用触媒市場は、アジア太平洋が最大地域となりました。

肥料の生産量の増加は、今後、肥料用触媒市場の成長を促進することが期待されます。肥料とは、作物の生産性を高めるために供給されている化学物質を指します。肥料用触媒は、肥料製造業で使用されており、触媒の使用により、より少ないコストでより多くの量の肥料を生産することができます。例えば、インドにある政府省庁の肥料局によると、2020年、肥料の生産実績は2019年のデータと比較して11.40%以上増加していると言われています。肥料の生産量の増加が、肥料用触媒市場を牽引しています。

肥料用触媒市場で事業を展開する主要企業は、市場での地位を強化するために製品イノベーションに注力しています。例えば、2021年、スイスに本社を置き、肥料用触媒を製造する化学会社であるClariantは、EnviCat N2O-Sと呼ばれる新しい肥料用触媒を開発しました。この製品は、硝酸生産の副産物として発生する窒素を最大95%除去することが実証されています。Clariantは、温室効果ガスの排出を回避することで、肥料製造に伴う有害な環境負荷の低減に貢献することを目指しています。

2021年4月、米国の触媒メーカーであるUnicat Catalyst Technology Companyが、Magma Groupを非公開の金額で買収しました。この買収により、農業、グリーンエネルギー、化学を含む産業において、革新的な触媒やセラミック製品、その他様々なサービスを提供することが可能になります。Magma Groupは、英国を拠点とする肥料用触媒、セラミック、燃焼工学、その他関連サービスを提供するメーカーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]