製造実行システムの市場規模、2026年に203億米ドル到達予測

製造実行システムの市場規模は、2021年の118億5000万米ドルからCAGR11.23%で成長し、2022年に131億8000万米ドルとし、さらに2026年には203億米ドルに達すると予測されています。

製造実行システム市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、製造実行システムの販売で構成されており、原材料から最終製品までの製造プロセスを監視、追跡、文書化、制御するために設計された包括的な動的ソフトウェアを指します。ERP(企業資源計画)と工程管理システムの間で機能し、意思決定者にデータを提供することで、効率的で最適化された生産活動を確立することができます。

製造実行システムの主な提供物は、ソフトウェアとサービスです。製造実行システムソフトウェアとは、生産志向のソフトウェアの専門集団のことで、原材料を最終製品に変換するのに関わるリアルタイムの物理プロセスの実行を管理、監視、同期化するために設計されています。これらのソフトウェアは、オンプレミス、オンデマンド、ハイブリッドのデリバリーモデルを通じて展開され、食品・飲料、石油・ガス、化学、パルプ・製紙、製薬・ライフサイエンス、エネルギー・電力、水・廃水処理などの産業の中小企業や大企業で使用されています。

人口の増加に対応するための大量生産と接続されたサプライチェーンの需要の増加が、製造実行システム市場を牽引しています。企業は、大量生産活動や接続されたサプライチェーンに対する需要の急増に対応するため、高度なソフトウェアやAIベースのシステムに対する投資を増やしています。例えば、国連工業開発機関が発表した調査によると、2021年第4四半期の世界の製造業生産は、第3四半期と第2四半期のそれぞれ5.8%と17.8%の増加に続き、前年同期比3.3%の成長を観察しました。さらに、PwCが実施した調査「グローバル・インダストリー4.0調査」によると、製造実行システムを生産ラインに導入することで生産性が30%向上し、コスト削減3%、追加収入3%のROI向上に寄与したと報告されています。したがって、大量生産と接続されたサプライチェーンは、製造実行システム市場を押し上げることが予想されます。

製造実行システム市場で事業を展開する企業は、最終顧客からの需要に対応し、市場での地位を強化するために、高度な技術で革新的な製品を開発しています。例えば、2019年7月、ドイツに拠点を置く製造業向けインターネットベースの情報技術および通信システムのプロバイダーであるiTAC Software AGは、注文の高度な計画およびスケジューリングと生産プロセスの制御&自動化を備えた新しい製造実行システムiTAC.MES.Suite 9.20.00 を発売しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]