ナチュラルスキンケア製品の市場規模、2026年に231億5000万米ドル到達予測

ナチュラルスキンケア製品の市場規模は、2021年の161億6000万米ドルからCAGR8.27%で成長し、2022年に175億米ドルとし、さらに2026年には231億5000万米ドルに達すると予測されています。

ナチュラルスキンケア製品市場は、事業体(組織、パートナーシップ、個人事業主)による、化粧品として使用され、合成スキンケア製品と比較してより安全と考えられるナチュラルスキンケア製品の販売で構成されています。ナチュラルスキンケア製品は、植物成分で構成され、通常のスキンケア製品とは異なり、合成香料、色素、硫酸塩、フタル酸塩、パラベン、ペトロラタムなどの石油化学原料を使用していない製品です。

ナチュラルスキンケア製品の主な種類には、フェイシャルケアとボディケアがあります。フェイシャルケアとは、顔や首の皮膚をきれいにするために使用するスキンケア製品のことで、天然成分で構成されたローション、美容液、洗顔料などがあります。価格帯によってマス、プレミアムに分類され、直販、ハイパーマーケット・スーパーマーケット、Eコマース、専門店などを通じて販売されています。2021年のナチュラルスキンケア製品市場は、西ヨーロッパが最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後最も急速に成長する地域になることが予想されます。

天然製品の利点についての意識の高まりは、ナチュラルスキンケア製品市場の成長を推進することが予想されます。ナチュラルスキンケア製品は、人間の皮膚に健康と治療上の利点をもたらし、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、レスベラトロール、α-ヒドロキシル酸、その他の植物由来の天然化合物が含まれており、最適なレベルで機能します。さらに、これらの製品は、通常のスキンケア製品とは異なり、人工香料、染料、パラベン、硫酸塩、フタル酸塩などの化学化合物や合成成分を含まないため、肌に負担がかかりません。また、スキンケア製品の製造過程で影響を及ぼす動物への懸念から、ナチュラルスキンケア製品の人々の利用率が上昇しています。例えば、ニールセンが2021年に実施した調査によると、回答者の73%以上が環境負荷の少ない製品のみを購入する傾向があり、43%の人がオールオーガニック製品またはナチュラル製品だけを購入すると結果が出ています。天然製品に関する意識の高まりが、今後のナチュラルスキンケア製品の需要を押し上げることが予想されます。

大手化粧品ブランドは、化学合成のスキンケア製品から自然由来の製品への切り替えを進めています。これらの大手ブランドは、通常オフラインの小売店で製品を販売していますが、オンライン市場への展開を目指す動きが活発化しています。パンデミック後、社会的に距離を置く規範が生まれたため、オフラインの店舗は閉鎖を余儀なくされました。大手企業は、アクセスのしやすさ、幅広いリーチ、パーソナライズされたオプションから、流通チャネルとしてeコマースを採用し始めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]