アスファルト添加剤の市場規模、2026年に50億2000万米ドル到達予測

アスファルト添加剤の市場規模は、2021年の33億7000万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2022年に36億米ドルとし、さらに2026年には50億2000万米ドルに達すると予測されています。

アスファルト添加剤市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による、アスファルトバインダーの結果を変更するためにアスファルトに添加される化学物質を指すアスファルト添加剤の販売で構成されています。アスファルト添加剤は、骨材とアスファルトセメントの接着力を向上させ、ひび割れやほころび、変形を防止する材料で、エチレン酢酸ビニル、ラテックス、スチレンブタジエンスチレンブロック(SBS)コポリマー、有機マンガン錯体、スチレン-ブタジエンスチレンブロック(SBS)をアスファルトで加硫したもの、ポリエチレン、カーボンブラックなどがあります。

アスファルト添加剤の主な種類は、高分子改質剤、ストリップ防止・付着促進剤、乳化剤、化学改質剤、活性剤、繊維、フラックスオイル、カラーアスファルトなどがあります。高分子改質剤は、ポリマーの骨格に官能基をグラフト化した高分子化合物で、ホットミックス、コールドミックス、ウォームミックスなどの技術を使用し、道路建設、道路舗装、空港滑走路、駐車場、屋根などの用途に使用されます。2021年のアスファルト添加剤市場では、アジア太平洋地域が最大地域となりました。

道路建設プロジェクトの増加は、アスファルト添加剤市場の成長を促進することが予想されます。道路は、経済の発展と進歩に重要な役割を果たすとともに、大きな社会的利益をもたらします。アスファルト添加剤は、道路の品質を向上させ、耐久性を高めるため、その建設に使用されています。例えば、インド商工省、インド政府によって設立されたトラストであるIndia Brand Equity Foundation(IBEF)によると、パンデミックや操業停止にもかかわらず、インドは21年度に1万3298kmの道路を建設しています。そのため、道路建設プロジェクトの増加がアスファルト添加剤市場を牽引することが予想されます。

バイオベースのアスファルト添加剤は、アスファルト添加剤市場を形成しています。アスファルト事業におけるゴムの使用は、作業性の向上など、舗装分野でいくつかの利点を示しています。例えば、2019年6月、特殊化学品を提供するEvonik Industries AGは、ゴムを強靭な物質に変えることを容易にするゴム加工添加剤であるVestenamerを発売しました。ゴム化合物の流動性を高め、物質をより効果的に加工できるようにするもので、遊び場や道路建設など、さまざまな用途で活用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]