コンテンツ配信ネットワークの市場規模、2026年に381億5,000万米ドル達成予測

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の市場規模は、2021年の165億2000万米ドルからCAGR17.6%で成長し、2022年に194億2000万米ドルとし、さらに2026年には381億5,000万米ドルに達すると予測されています。

コンテンツ配信ネットワーク市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、コンテンツ配信ネットワークソリューションの販売で構成されており、インターネット上の素材を迅速に配信するために協力する分散したサーバーのネットワークを指します。また、CDNは、一般的な悪意ある攻撃からウェブサイトを保護するのに役立ちます。コンテンツ配信ネットワークは、HTMLページ、JavaScriptファイル、スタイルシート、画像、動画など、インターネットコンテンツのロードに必要な情報を迅速に転送するために使用されます。

コンテンツ配信ネットワークには、主に静的コンテンツと動的コンテンツがあります。静的コンテンツとは、サーバーに保管され、毎回同じようにユーザーに提供されるあらゆるファイルのことで、HTMLファイルや写真などが含まれます。さまざまなコンポーネントには、サービスやソリューションが含まれます。プロバイダーの種類としては、従来型CDN、クラウドCDN、P2P CDN、通信型CDNがあり、そのエンドユーザーには、メディアとエンターテインメント、広告、eコマース、ヘルスケア、ビジネス、金融サービス、研究・教育産業があります。2021年のコンテンツデリバリーネットワーク市場は、北米が最大地域となりました。

インターネットとスマートデバイスの使用量の増加は、コンテンツデリバリーネットワーク市場の成長を促進します。その手軽さと提供されるサービスにより、スマートフォンの利用者は世界中で大幅に増加しています。これらのサービスは、ユーザーにドア・ツー・ドアのサービスにより、快適な利用を提供しています。スマートフォンは、コンテンツが毎秒生成、アップロードされるソーシャルメディアアプリケーションを提供するインターネットへのアクセス権を持っています。米国の携帯電話買取専門店Bankmycellによると、2022年の世界のスマートフォンユーザー数は66億4800万人で、人口の83.89%を占めると言われています。さらに、世界のモバイル接続数は79億2,000万件に到り、2025年には、全インターネットユーザーの72%がスマートフォンのみでインターネットにアクセスするようになると予測されています。このようなインターネットやスマートデバイスの利用率の高まりは、同市場を牽引するものと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]