バイオ分析検査サービスの市場規模、2026年に47億1000万米ドル到達予測

バイオ分析検査サービスの市場規模は、2021年の28億3000万米ドルからCAGR10.35%で成長し、2022年に31億2000万米ドルとし、さらに2026年には47億1000万米ドルに達すると予測されています。

バイオ分析検査サービス市場は、分析物の生物学的分析法定量化の開発に使用される、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による生物学的分析試験サービスの販売で構成されています。これらのサービスは、血液、血漿、血清、尿、組織抽出物などの生体液中の医薬品や代謝物の特性を検出するのに役立ちます。生物学的分析試験サービスには、正確性、選択性、精度、安定性を備えたメソッド開発、ハイスループットなサンプル分析、メソッドバリデーション、薬物動態学およびトキシコキネティックサポートが含まれます。

バイオ分析試験サービスにおける主な試験の種類には、ADME(吸収、分布、代謝、排泄)、薬物動態、薬力学、生物学的同等性、バイオアベイラビリティが挙げられます。ADMEとは、吸収、分布、代謝、排泄のプロセスを指し、化学物質が生体内でどのように処理されるかを設計し、安全性と毒性を評価し、研究者に薬の有効性を知らせ、将来の研究開発のための具体的なターゲットを提供します。バイオ分析試験の対象となる分子タイプは、低分子と高分子であり、これらのテストサービスは、製薬会社やバイオ医薬品会社、受託開発および製造組織や受託研究機関に使用されます。2021年のバイオ分析試験サービス市場では、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後最も急速に成長する地域になることが予想されます。

感染症の発生を抑制するための政府の取り組みは、バイオ分析テストサービス市場の成長に大きく寄与しています。COVID-19のパンデミックの発生は、バイオ分析テストサービスの需要を促進しています。世界各国では、病気の蔓延を防ぐための取り組みが行われており、支出を増やしています。例えば、2021年3月、米国保健社会福祉省は、学校の再開を支援するためのスクリーニング検査を強化するために、米国レスキュープランから100億米ドルを投資し、サービスが行き届いていない人々に検査を拡大するために22億5000万米ドルを投資すると発表しました。政府の取り組みに対する支出の増加は、バイオ分析検査サービス市場の成長に寄与することになります。

製品イノベーションは、バイオ分析テストサービス市場で人気を博している主要なトレンドです。生物分析検査サービス市場で事業を展開する主要企業は、市場における地位を強化するために、革新的な検査製品の開発に注力しています。2020年3月、米国の診断研究所であるViracor Eurofins Laboratoriesは、コロナウイルスSARS-CoV-2のリアルタイム逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)テストを発売し、12~18時間で結果が得られるようになりました。この検査は、RT-PCR技術を利用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]