高純度溶剤の市場規模、2026年に667億1,000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「高純度溶剤の世界市場の分析 (2022年)」(The Business Research Company)の販売を8月23日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc1107202-high-purity-solvent-global-market-report.html

高純度溶剤の市場規模は、2021年の465億6000万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2022年に504億7000万米ドルとし、さらに2026年には667億1,000万米ドルに達すると予測されています。

高純度溶剤市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、気体や液体のクロマトグラフィーに使用される高純度溶剤の販売で構成されています。高純度溶剤は、研究および品質管理用途において迅速かつ再現性のある性能と分離を提供するために、多段階の精製プロセスを用いて製造される合成蒸留有機化学物質です。

高純度溶剤の主な種類には、アセトン、アセトニトリル、ジメチルスルホキシドなどがあります。アセトンは、他の物質を分解・溶解することができる液体溶媒を提供します。市場は、極性溶媒と非極性溶媒に分類され、液晶ディスプレイ、リチウムイオン電池、電気めっき、高分子樹脂、触媒などに適用されます。医薬品、化学品、化粧品およびパーソナルケア、食品および飲料、農業、塗料およびコーティング、バイオテクノロジー、電気および電子機器、その他のエンドユーザーで使用されています。2021年の高純度溶剤市場は、アジア太平洋が最大地域となりました。

塗料とコーティング剤の需要の増加は、今後、高純度溶剤市場の成長を促進すると予想されます。塗料やコーティング剤は、液体、液状、または固形のマスチック材料で、基材に薄く塗布した後に固化するものを指します。高純度溶剤は、塗料やコーティング剤の処方に使用される成分を溶解するために使用されます。例えば、2021年6月、米国の非営利団体である米国コーティング協会によると、米国のコーティング産業は、22億米ドル以上のコーティング製品を輸出し、米国経済に大きな収益をもたらしていると言われています。そのため、塗料やコーティング剤の需要増が高純度溶剤市場の成長を後押ししています。

高純度溶剤市場では、バイオ由来の製品の導入が人気を集める重要なトレンドとして浮上しています。高純度溶剤分野で事業を展開する主要企業は、自社の地位を強化するために、バイオ由来製品の開発に注力しています。例えば、2019年4月、高純度溶剤市場で事業を展開する米国のMerckは、より環境に優しい新溶剤「Cyrene」を発売しました。Cyreneはバイオ由来の製品で、メチル-2-ピロリドンやジメチルホルムアミドの溶媒をより持続可能な代替品とした安全性の高い製品です。本製品は、オピニオンリーダーであるPaul T. AnastasとJohn C. Warnerが開発したグリーンケミストリーの12原則を、グリーンケミストリー実践のためのフレームワークとして使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]