無乳糖(ラクトースフリー)乳児用調製粉乳の市場規模、2026年に223億4000万米ドル到達予測

無乳糖(ラクトースフリー)乳児用調製粉乳の市場規模は、2021年の133億4000万米ドルからCAGR10.8%で成長し、2022年に147億9000万米ドルとし、さらに2026年には223億4000万米ドルに達すると予測されています。

無乳糖乳児用調製粉乳市場は、乳糖不耐症の乳児に使用される、事業体(団体、個人事業主、パートナーシップ)による無糖乳児用調製粉乳製品の販売で構成されています。無乳糖乳児用調製粉乳は、母乳や牛乳に含まれる乳糖の消化が困難な乳幼児のために開発されたものです。乳糖不耐症児は、牛乳に含まれる乳糖を完全に消化できないため、ガス、腹鳴、痙攣、腹部膨満、下痢などの健康障害を引き起こす可能性があります。

無乳糖乳児用調製粉乳には、主にミルクタイプのものとノンミルクタイプのものがあります。ミルクタイプは母乳に近い牛の乳を原料としており、赤ちゃんの年齢に合わせて作られるスタートアップミルク、スペシャルティミルク、フォローオンミルクで構成されています。用途別には、未熟児、ガラクトース血症児、牛乳たんぱく質アレルギー児、その他の用途で構成されており、スーパーマーケットやハイパーマーケット、専門店、オンライン小売店などで流通しています。2021年の無乳糖乳児用粉ミルク市場は、西ヨーロッパが最大地域となりました。

乳糖不耐症の発生率の上昇は、無乳糖粉ミルク市場の成長を促進することが予想されます。乳糖不耐症の乳児は、栄養所要量を満たすために無乳糖の乳児用調製粉乳を摂取する必要があります。例えば、インドの日刊紙・デジタルニュースメディア「The Times of India」が発表した記事によると、2020年5月の時点で、インド人の60%が牛乳不耐症に苦しんでいるとのことです。乳幼児の乳糖不耐症の発生率が上昇していることが、無乳糖乳児用調製粉乳市場を牽引しています。

新しい商品の創造や導入、または以前の商品の改良版の発売は、無乳糖乳児用調製粉乳市場で人気を博している重要なトレンドです。2020年9月、イスラエルのスタートアップ企業であるElseは、幼児向けの植物性ミルクの発売を発表しました。この製品は、乳糖不耐症やその他の食物過敏症を持つ子供たちにとって画期的な製品になると期待されており、1日に必要なカルシウムの30%、5グラムのタンパク質、3グラムの糖分が含まれています。米国農務省認定の粉末オーガニック処方で、そば粉、アーモンドバター、タピオカ、その他20種類のビタミンとミネラルを含んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]