産業用オートメーションの市場規模、2026年に2507億7000万米ドル到達予測

産業用オートメーションの市場規模は、2021年の1647億4000万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2022年に1788億8000万米ドルとし、さらに2026年には2507億7000万米ドルに達すると予測されています。

産業用オートメーション市場は、プロセス、機械、デバイスをコンピューターで制御・監視し、反復的な機能またはタスクを実行するために使用される事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による産業用オートメーション製品およびサービスの販売で構成されています。これらは、産業界における人間の仕事を減らし、労働環境を改善するために自動的に動作するように設計されています。また、論理的なプログラミングコマンドと強力な機械を使って操作されます。

産業用オートメーションの主な構成要素は、産業用ロボット、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)、産業用センサー、制御バルブ、およびその他の部品です。産業用オートメーションでは、HMIを使用して機械が正常に動作しているかどうかを監視すると同時に、機械のメンテナンスにも役立っています。航空宇宙・防衛、自動車、ヘルスケア、エネルギー・公共事業、製造、石油・ガス、鉱業、輸送などの産業で、監視制御・データ収集(SCADA)、分散制御システム(DCS)、プログラム可能な論理制御(PLC)、製造実行システム(MES)、部品ライフサイクル管理(PLM)、企業資源計画(ERP)、人間-機械インタフェース(HMI)などさまざまな制御システムを使用しています。2021年の産業用オートメーション市場では、アジア太平洋が最大地域となりました。

ロボティクスの重要性の認識は、産業用オートメーション市場の成長を促進すると考えられます。ロボット工学には、人間を補助するインテリジェントな機械の設計、製造、運用が含まれており、効率性の向上、手作業の代替、スピードの向上、全体的なパフォーマンスの向上を目的として、産業オートメーションプロセスへの適用が進んでいます。例えば、専門的な非営利団体である国際ロボット連盟によると、2020年から2022年にかけて、世界的にロボットユニットの出荷台数が12%増加すると考えられています。ロボティクスの重要性が増していることが、産業用オートメーション市場を牽引しています。

技術的な進歩は、産業用オートメーション市場で人気を博している主要なトレンドです。ロボットにAIを組み込むなどの進歩は、ロボットが完全な自律性を持ってプロセスを学習するのに役立ち、場合によっては他のロボットや人間とコミュニケーションを取ることさえ可能にします。市場の主要なプレーヤーは、産業用ロボットにAI技術を組み込むことに焦点を当てています。例えば、2022年3月には、三菱電機が、高精度の音声認識を含む同社のAI技術「Maisart」を搭載した新しい産業用ロボットシステムを発表し、ロボットの動きの微調整を実現したことを報告しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]