電解槽の市場規模、2026年に4億6000万米ドル到達予測

電解槽の市場規模は、2021年の2億7000万米ドルからCAGR10.6%で成長し、2022年に2億9000万米ドルとし、さらに2026年には4億6000万米ドルに達すると予測されています。

電解槽市場は、主に発電システムに使用される電解槽の事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による販売で構成されています。電解槽は、電気を用いて水を水素と酸素に電気分解する装置です。電解槽から発生する水素は、燃料電池用水素に使用するのに適しています。

電解槽は、アルカリ電解槽、電解質膜電解槽、固体酸化物電解槽に分類されます。アルカリ電解槽は、平均温度80~160℃で性能を発揮します。また、容量別に、500KW未満、500KWから2MW、2MW以上に分類され、用途としては、発電所、製鉄所、電子機器や太陽光発電、産業ガス、エネルギー貯蔵やFCEV用燃料、Power to Gasなどがあります。2021年は、西ヨーロッパ地域が最大市場となりました。アジア太平洋地域は今後最も成長することが予想されます。

自動車用途における燃料電池ベースの需要の高まりは、電解槽市場の成長に大きく寄与しています。燃料電池ベースの自動車は、水素を利用する燃料電池をエネルギー源として駆動しています。電解槽は、燃料として使用する水素を供給することで、燃料電池搭載型自動車をサポートします。例えば、2021年の燃料電池自動車を含む乗用車の電気自動車販売台数は、2019年比で140%増となりました。燃料電池ベースの自動車の需要の高まりが、電解槽市場の成長を後押ししています。

技術的進歩は、電解槽市場における重要なトレンドです。例えば、2019年10月、イスラエルの公立研究大学であるテクニオン・イスラエル工科大学の研究者は、電気化学-熱活性化水分解の新しい電解技術であるE-TACを開発しました。この技術により、水から水素を製造する際のエネルギー効率は98.7%に達しました。

2020年10月、フランスのエンジニアリング企業であるGTTは、Areva H2Genを非公開の金額で買収しました。この買収により、GTTはエネルギー効率向上のための先進的な技術開発を継続し、グリーン水素の専門知識を持つ技術ポートフォリオを強化することを目指しました。Areva H2Genは、フランスに本社を置く電解槽製造会社です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]