コンプレッションウェア・シェイプウェアの市場規模、2026年に57億5000万米ドル到達予測

コンプレッションウェア・シェイプウェアの市場規模は、2021年の41億5000万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2022年に44億2000万米ドルとし、さらに2026年には57億5000万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、身体を一定の位置に保つように設計されたコンプレッションウェア・シェイプウェアの事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による販売で構成されています。シェイプウェアの特性には、体の圧縮、姿勢改善、背中の固定などがあり、歩き方や座り方をサポートし、長時間座っている人の背中の緊張を緩和します。

コンプレッションウェアは、体にぴったりとフィットした衣服で、男性用と女性用に分類されます。流通形態は、小売店、専門店、オンラインチャネルで構成されており、用途別に、身体のタイプに応じて、パフォーマンス用と回復用、およびボディシェーピング用とライフスタイル用に分類されます。

2021年のコンプレッションウェア・シェイプウェア市場では、北米が最大地域となり、アジア太平洋地域は今後最も成長する地域になることが予想されます。

急速な都市化は、コンプレッションウェアとシェイプウェア市場の成長に大きく寄与しています。農村部から都市部への人口移動と、都市部での人口密度の上昇により、都市部の人々のフィットネスに対する意識やスポーツ活動への参加意識が高まっており、コンプレッションウェアやシェイプウェアの採用をさらに後押ししています。例えば、経済社会局、国連によると、2050年までに、世界人口の68%、すなわち25億人が都市部に住むようになると予測されており、急速な都市化がコンプレッションウェアとシェイプウェア市場の成長を促進することになります。

技術の進歩は、コンプレッション ウェアおよびシェイプウェア市場で人気を集めている重要なトレンドです。 主要なプレーヤーは、消費者の要求と好みを満たすため技術的な設計に焦点を当てています。 接合、圧縮技術、レーザー切断などの技術により、縫い目、裾、かさばる留め具が取り除かれ、シェイプウェアを変化させています。 たとえば、2019 年 3 月、HanesBrands が所有する米国を拠点とするシェイプウェア ブランド Maidenform は、LYCRA FitSense テクノロジーを利用した新しいマジック スリミング コレクションを発売しました。 新しいシェイプウェアは、超軽量でコントロール可能な素材となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]