機械状態監視の市場規模、2026年に35億3000万米ドル到達予測

機械状態監視の市場規模は、2021年の25億3000万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2022年に27億1000万米ドルとし、さらに2026年には35億3000万米ドルに達すると予測されています。

機械状態監視市場は、一定の期間にわたる機械の健康状態を評価するために使用される、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による機械状態監視製品およびサービスの販売で構成されています。機械状態監視は、圧力、振動、温度など様々な測定条件に基づいて、稼働中の機械部品を監視するもので、機械の効率、不良部品の磨耗出力、使用統計、メンテナンス統計へのアクセスが含まれます。

機械状態監視の主な種類は、ハードウェア、ソフトウェア、サービスです。コンピュータの実際の部品や関連機器はコンピュータのハードウェアと呼びます。マザーボード、ハードディスク、RAMは内部ハードウェアデバイスの一例で、モニター、キーボード、マウス、プリンター、スキャナーは、外部ハードウェアデバイスの一例です。機械状態監視は、振動監視、サーモグラフィー、オイル分析、腐食監視、超音波放射、モーター電流分析などの技術を使用して監視を行います。また、オンプレミスおよびクラウドで展開され、石油・ガス、発電、金属・鉱業、化学、自動車、航空宇宙・防衛、食品・飲料、海洋などの産業全体で使用されています。2021年の機械状態監視市場では、北米が最大地域となり、アジア太平洋地域は、最も急成長している市場になることが予想されます。

機械状態監視における無線通信の増大は、機械状態監視市場の成長に大きく寄与しています。無線通信は、電線、ケーブル、物理的媒体などの接続を使用せずに、ある地点から別の地点へ情報を送信する方法で、データストリームのギャップを減らし、システムの信頼性に害を及ぼさない機械状態監視の展開を可能にします。例えば、2021年、フランスのデータソリューションプロバイダーであるAcoem社は、状態監視の経験をEAGLEに投資し、最も複雑な機械のワイヤレス監視を可能にし、速度、電力、圧力などの運転状況や、機械のプロセスデータの自動収集・自動送信を実現しました。

技術進歩への注力は、機械状態監視市場の主な傾向です。例えば、2021年11月、産業、商業、消費者市場向けに製品を製造し、エンジニアリングサービスを提供する米国の多国籍企業であるEmersion electricsは、AMS machine works 1.6 というウェブベースのソフトウェアソリューションを発売しました。これは、故障診断と、予測保守技術と総合分析ツールを組み合わせてプロセスを分析する、簡単かつ正確に機械の状態を評価できるソリューションです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]