レディミールの市場規模、2026年に2133億2000万米ドル到達予測

レディミールの市場規模は、2021年の1415億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2022年に1532億1000万米ドルとし、さらに2026年には2133億2000万米ドルに達すると予測されています。

レディミール市場は、便利で安価、スピーディで調理済みであるレディミールの事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による販売で構成されています。また、食べる前に加熱するだけでよい完全食であり、すでに調理済みですぐに食べることができ、安価で使い勝手が良い食品です。

レディミール市場の主な構成要素には、冷凍食品、チルド食品、缶詰、乾燥食品があります。食品として使用可能な状態に冷凍加工された製品は、冷凍食品と呼ばれ、消費前に加熱の必要があるものと、加熱の必要のないものがあります。レディミールは、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインショップなど、さまざまな流通経路で販売されています。2021年のレディミール市場は、西ヨーロッパが最大地域となり、アジア太平洋地域は今後最も成長する地域と予想されます。

賞味期限が延長された食品に対する需要が、レディミール市場の成長に大きく寄与しています。賞味期限とは、感覚的、機能的、化学的、微生物学的に望ましい状態を維持したまま、安全に消費できる期間のことを指します。人々は、便利で安価、迅速、かつ賞味期限の長い食品を探し求めています。例えば、2020年6月、米国の食品・飲料輸出企業であるTruebell LLCは、賞味期限の長い製品に対する需要が最大で300%に達したと発表しています。

より新鮮で便利な栄養基準に準拠した食事への需要が、レディミール市場で人気を博しています。例えば、2020年9月、FiveStar Gourmet Foods ltdは、厳しい学校給食の食事基準を満たすために、小売店と学校給食の両方のチャネルで提供するSimply Fresh2GO調理済み食事の製品ラインを立ち上げました。同製品は、タンパク質、穀物、新鮮な野菜、果物を含むバランスの取れた完全食です。

2020年10月、スイスの食品・飲料会社Nestleは、取引額15億米ドルでFreshlyを買収しました。この買収により、Freshlyが持つ専門性の高い消費者分析プラットフォームや流通ネットワークと、Nestleが持つ深い製品理解の融合が期待されています。Freshlyは、米国に本拠を置く調理済み食品会社です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]