種子の市場規模、2026年に730億7000万米ドル到達予測

種子の市場規模は、2021年の551億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2022年に582億8000万米ドルとし、さらに2026年には730億7000万米ドルに達すると予測されています。

種子市場は、不適切な生育条件下でも発芽する、新しい植物を生産する事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による種子の販売で構成されています。種子は、種皮に囲まれた受精胚珠です。これは、植物胚を含み、作物の遺伝的・物理的な完全性を保証し、必要な植物個体群を提供し、植物に過酷な状況を生き抜く力を与えます。生成された苗木は、より活発で急速に成長し、害虫や病気にある程度耐性があり、一貫した成長と成熟を保証します。

種子市場は、遺伝子組み換え種子と従来の種子で構成されています。遺伝子組換え種子は、除草剤耐性など特定の形質を持つように遺伝子操作された種子です。また、作物の種類によって、穀物、果物、野菜、その他に分類されています。種子市場は、形質によって除草剤耐性、殺虫剤耐性、その他の形質に分類されます。2021年の種子市場は、北米が最大地域となり、アジア太平洋市場は、今後最も成長率の高い地域となる見込みです。

バイオ作物の高い採用率は、種子市場の成長に大きく寄与しています。バイオ作物とは、遺伝子組み換え植物を生産するための技術を伴う遺伝子組み換え作物のことです。バイオ作物の高い普及は、その需要を満たすために大量の種子の生産を促進しています。例えば、農業バイオテクノロジーを共有する米国の非営利国際機関International Service for the Acquisition of Agri-biotech Applications(ISAAA)によると、2019年は1700万人の農家が1億9040万ヘクタールのバイオ作物を作付け、世界のバイオ作物の作付けヘクタールの56%が24の途上国によって作付けされていると報告されました。バイオ作物の高い採用率が種子市場の成長を促進しています。

技術的進歩が種子市場を形成しています。種子で事業を展開する主要企業は、コスト削減と品質向上のために先進技術の導入に注力しています。例えば、2019年10月、インドの農業企業であるKaveri Seedsは、ハイブリッド綿の種子を生産するために遺伝的雄性不稔(GMS)技術の採用を計画しました。GMS技術は、苗の段階自体で雌系統を識別するのに役立ち、ハイブリッド綿の種子コストを削減することが出来ます。

2020年8月、スイスの農業科学技術企業であるSyngenta社がSensasko社を非公開の金額で買収しました。この買収により、Sensasko社は南アフリカの小麦、トウモロコシ、ヒマワリ市場に参入することが出来るようになりました。Syngenta Seedsはviptera形質転換技術を導入することで、イノベーションと技術への投資に貢献することができます。Sensasko社は南アフリカに本社を置く種子会社です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]