ハラールフードの市場規模、2026年に2兆2286億3000万米ドル到達予測

ハラールフードの市場規模は、2021年の1兆1341億4000万米ドルからCAGR13.8%で成長し、2022年に1兆2903億5000万米ドルとし、さらに2026年には2兆2286億3000万米ドルに達すると予測されています。

ハラールフード市場は、イスラムの食品基準を満たした事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるハラールフードの販売で構成されています。ハラール食品とは、イスラム教の法律に従って十分に清潔な容器で加工・製造・保存された、イスラム教徒が法律で食べることを制限されている食材や食品を含まないものを指します。ハラール食品は、豚肉、アルコール毒物、毒物、不衛生なものを含まないため、より安全に食べることができ、倫理的で、肉の汚染が少なく、代謝を向上させる食品とされています。

ハラール食品の主な種類は、肉類・鶏肉・魚介類、果物・野菜、乳製品、穀物・穀類、油脂・ワックス類、菓子類です。ハラール食品は、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、オンラインストア、専門店などのチャネルを利用して流通しており、家庭、外食産業、食品産業で利用されています。2021年のハラールフード市場では、アジア太平洋地域が最大地域となりました。

世界中でイスラム教徒の人口が増加していることが、ハラールフード市場の成長に大きく寄与しています。ムスリム人口とは、イスラム教を実践する人々の共同体のことです。イスラム教徒の間でハラール認証食品への需要が高まっているのは、食品の安全性と衛生が保証されているためです。米国の超党派シンクタンクであるピューリサーチセンターによると、世界のムスリム人口の増加は、2030年までに約21億9000万人増加すると予想されています。したがって、ムスリム人口の増加がハラールフード市場の成長を牽引すると予想されます。

ハラール食品における技術的進歩は、ハラール市場で人気を博している主要なトレンドです。ハラール食品の需要の増加に伴い、ハラール・ラボラトリーでは、ブロックチェーン、IoT(Internet of Things)などの技術進歩を利用して、食品の安全性、豚由来原料やアルコールの存在を検出する食品の分析が行われています。例えば、2019年7月、香港のテック系スタートアップであるTrace Labsと、シンガポールのハラール製品のオンラインBtoBマーケットプレイスであるOneAgrixは、ブロックチェーンベースのハラール認証システムを立ち上げました。ブロックチェーンプラットフォームは、ハラール経済における透明性を提供し、ハラール食品の原産地を追跡することを可能にします。

2021年1月、UAEの食品・飲料会社であるAgthia Groupは、Nabil Foodsの株式80%を非公開の金額で取得しました。この買収により、Agthiaは新たな収益源と、成長戦略を支える重要なクロスセルの機会を得ることができます。ヨルダンに拠点を置くNabil Foodsは、チキンシャワルマサンドイッチからクッベボールまで、幅広い種類の冷凍・冷蔵の100%ハラール製品を製造・販売しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]