廃棄物リサイクルサービスの市場規模、2026年に673億4000万米ドル到達予測

廃棄物リサイクルサービスの市場規模は、2021年の518億8000万米ドルからCAGR5.2%で成長し、2022年に545億7000万米ドルとし、さらに2026年には673億4000万米ドルに達すると予測されています。

廃棄物リサイクルサービス市場は、資源を再利用するための事業体(個人事業主、団体、パートナーシップ)による廃棄物リサイクルサービスの販売で構成されています。廃棄物のリサイクルには、プラスチック、紙、木材などの廃棄物を回収し、さまざまな技術によって再処理して、再利用可能な製品に変えるというプロセスが含まれます。廃棄物をリサイクルすることで、埋立地や焼却炉に運ばれる廃棄物の削減、公害防止、天然資源の保護、省エネルギー、雇用創出、経済効果など、いくつかの利点があります。

廃棄物リサイクル市場の主な廃棄物の種類は、コンポストと生ゴミ、ガラスとガラス繊維、金属くず、古紙などがあります。生ゴミやコンポスト廃棄物のリサイクルには、一般的に卵の殻やバナナの皮などの材料を再加工して、良質の土壌改良材や肥料として再利用することが含まれ、さらに発電により国の電力網に還元することもできます。これらは、自治体、農業、建設、工業など、さまざまな分野で応用されています。地域別に、2021年は北米が最大市場となり、アジア太平洋地域は、今後最も成長する地域と予想されます。

プラスチック汚染に対する意識の高まりが、廃棄物リサイクルサービス市場の成長を促進しています。プラスチック汚染とは、動物やその生息地、そして人間に害になるほど環境中に合成プラスチックが蓄積することを指します。この汚染は、地球を劣化させ、地球温暖化などの気候変動を引き起こします。各国政府は、プラスチックの使用を減らし、汚染に対する意識を高めるために、新しい制度や政策を打ち出しています。例えば、2021年3月、インドの連邦環境省は、2022年から全国で特定の使い捨てプラスチック製品の製造、使用、販売、輸入、取り扱いを禁止することを提案しました。このような政策は、公害に対する意識を高め、市場の成長を促進しています。

最近の廃棄物リサイクルにおける技術開発には、廃棄物の電力への変換や、廃棄物を利用したバイオガスのエネルギー変換などがあります。プラズマアークリサイクルは、超高温プラズマトーチの助けを借りて、自動車やその他の物体に見られる金属の大部分を回収するのに役立ちます。例えば、2021年9月、欧州に拠点を置く廃棄物管理サービス、およびソリューション企業であるSensoneoは、廃棄物レベルのスマートセンサーを発売しました。Sensoneoスマートセンサーは、超音波ビームを使用して、ごみ箱内の充填レベルを評価します。これらのセンサーは、さまざまなビンやコンテナ内のあらゆる形態のゴミ(混合廃棄物、紙、プラスチック、ガラス、繊維、バイオ廃棄物、液体、電子機器、金属)を検出することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]