クラウドキッチンの市場規模、2026年に895億米ドル到達予測

クラウドキッチンの市場規模は、2021年の522億3000万米ドルからCAGR11.3%で成長し、2022年に581億3000万米ドルとし、さらに2026年には895億米ドルに達すると予測されています。

同市場は、バーチャルキッチンやゴーストキッチンと呼ばれる事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)によるクラウドキッチンの販売で構成されています。クラウドキッチンは、テイクアウトやデリバリー用のメニューを準備するために必要なサービスや設備を含むフードビジネス用のスペースを提供する業務用キッチンで、特にフードデリバリーのために使用されます。

クラウドキッチンの主な種類は、独立型クラウドキッチン、コミッサリーまたはシェアキッチン、キッチンポッドです。独立型クラウドキッチンは、古典的なキッチンモデルを指す仮想のレストランで、注文を受け、パックされた食事を提供するのに役立ちます。ハンバーガーやサンドイッチ、ピザやパスタ、チキン、シーフード、メキシカン、アジア料理など、様々な種類の料理を提供することができます。クラウドキッチンは、フランチャイズとスタンドアロンに分類されます。2021年のクラウドキッチン市場では、アジア太平洋地域が最大地域となり、今後も急成長が期待できます。

スマートフォンユーザーの増加、オンラインフードサービスに対する需要の高まりが、クラウドキッチン市場の成長を促進することが予想されます。オンラインフードサービスに対する消費者の嗜好の高まりは、多忙なライフスケジュールとクラウドキッチンの成長を高める可処分所得の上昇に起因しています。例えば、2021年にOberloは、世界のスマートフォンユーザー数が約64億人を占め、年間5.3%の増加を記録し、2023年のスマートフォン普及率は53.8%近くになると報告しています。この結果、スマートフォンユーザーの増加が、クラウドキッチン市場の成長を牽引すると思われます。

市場では、技術の進歩が重要な要因として人気を集めています。技術的進歩とは、製品やサービスの開発に役立つ知識の発見です。例えば、2020年、米国のZuul社は、マルチコンセプトのゴーストキッチン技術でZuul Marketを立ち上げました。これは、同社のレストランからの注文を、マンションやオフィスビルに一度に予約配達するのに役立つサービスで、テナントは、Zuulのレストランのメニューを閲覧し、指定された時間までに注文することができるユニークなサービスです。

2021年10月、米国のKitchen United社がZuulを非公開の金額で買収しました。この買収により、プラットフォームの強化や、ニューヨークにおけるKitchen Unitedのネットワーク拡大が期待されます。Zuulは米国を拠点とする企業で、バーチャルフードホールのビジネスを支援するサービスや製品を作成しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]