スマートバスルームの市場規模、2026年に65億5,000万米ドル到達予測

スマートバスルームの市場規模は、2021年の38億7000万米ドルからCAGR11.1%で成長し、2022年に43億米ドルとし、さらに2026年には65億5,000万米ドルに達すると予測されています。

スマートバスルーム市場は、インターネットに接続された高度な機能を満載したバスルームを指す事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、スマートバスルームソリューションサービスの販売からなります。バスルーム内の技術開発により、さらなる快適性とアクセス性の向上が期待できます。

スマートバスルームの主な製品は、ハイテクトイレ、浴槽、デジタル水栓などが挙げられます。ハイテクトイレとは、オートドライヤーや暖房便座など、高度な機能を備えたトイレを指します。スマートバスルームには、Bluetooth、Wi-Fi、3Gなどの接続オプションがあり、オフラインおよびオンラインチャネルで販売されています。これらは、商業用および住宅用のアプリケーションで使用されています。2021年のスマートバスルーム市場は、北米が最大地域であり、同時に最も成長する地域と予想されています。

スマートホームの需要の高まりは、スマートバスルーム市場の増加に拍車をかけています。可処分所得の増加は、音声コマンド、インターネット接続技術、Bluetooth接続技術などで構成されているスマートハウスへのアップグレードにつながります。例えば、インド政府の輸出促進機関であるIndia Brand Equity Foundationによると、2040年までにインドの不動産市場は2019年の17億2000万米ドルから93億米ドルに拡大すると言われています。米国では、1ヶ月に少なくとも1億1800万の人が家庭で音声コマンドを使用しています。したがって、スマートホームの需要の増加は、スマートバスルーム市場を牽引しています。

スマートバスルーム市場では、技術的な進歩が重要なトレンドとなっており、企業は新技術や研究開発を進めています。例えば、2020年5月、米国のブランドバス製造・販売会社であるJacuzziは、Smarttubシステムを発表しました。Smarttubは、カスタマイズされた遠隔監視のバスタブで、販売店にリアルタイムで警告や診断を送信します。また、ユーザーの好みに応じて、温度、照明、バスジェットを変更することができます。

2021年4月、家庭用品や家具などのホームセンターを運営するBHGグループは、Hafa、Westerbergs、Noroブランドを含むHafa Bathroom Groupを非公開の金額で買収しました。この買収により、BHGグループはバスルーム製品にも事業を拡大し、ポートフォリオと事業運営を強化することができました。Hafa、Noro、Westerbergsを含むHafa Bathroom Groupは、スウェーデンのハルムスタッドに本社を置き、主にバルト三国でバスルーム製品を製造しているメーカーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]