手書き用デジタルペンの市場規模、2026年に54億1000万米ドル到達予測

手書き用デジタルペンの市場規模は、2021年の33億9000万米ドルからCAGR9.7%で成長し、2022年に37億1000万米ドルとし、さらに2026年には54億1000万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、ユーザーが手書きのメモや図面をデジタルで取り込むのに役立つ、バッテリー駆動の筆記具を指す事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、手書き用デジタルペン製品の販売で構成されています。これには、手書きのメモをパソコンにアップロードする際に必要なUSBが付属しています。

手書き用デジタルペンの使用形態は、PC、タブレット、スマートフォンなどで、PCではデスクトップのマウスと同じように、ポインティングデバイスとして、タブの移動、コンテンツの閲覧などに使用されます。また、BFSI、ヘルスケア、政府、メディア・エンターテインメント、教育、小売、その他多くの分野で使用されています。2021年の手書き用デジタルペン市場は、北米が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、最も急速に成長する地域となる見込みです。

ビジネスのデジタル化のニーズは、世界中のビジネスの興隆の主な要因となっており、手書き用デジタルペン市場の成長を促進することが予想されます。手書き用デジタルペンは、デジタル化によるイノベーションの1つで、手書きのアナログ情報をデジタルデータに変換する為、情報技術、通信、消費者技術市場向けのマーケットインテリジェンス、アドバイザリーサービス、など、様々なアプリケーションで活用されています。イベント提供会社International Data Corporationによると、ビジネス手法、製品、組織のデジタル変革(DX)に対する世界の支出は、2025年には2020年の倍以上の2兆8000億米ドルに達すると予測されています。ビジネスのデジタル化へのニーズが、手書き用デジタルペン市場の成長を後押ししています。

技術革新や新製品の発売などの開発は、手書き用デジタルペン市場の需要を高める重要な要素です。多くの企業は、顧客により良い経験を提供するために新製品を開発しています。例えば、2020年、インドに拠点を置くデジタルペンソリューション企業のDoxperは、AIを搭載したデジタルペンとエンコード紙ソリューションと呼ばれる新製品の発売を発表しました。この新製品は、医療従事者の患者記録のデジタル化を支援し、リアルタイムで正確に、データをデジタル化することを保証しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]