楽器の市場規模、2026年に145億4,000万米ドル到達予測

楽器の市場規模は、2021年の129億5000万米ドルからCAGR2.3%で成長し、2022年に132億5000万米ドルとし、さらに2026年には145億4,000万米ドルに達すると予測されています。

楽器市場は、音を出すために作られた法人(団体、個人事業主、組合)による楽器機器の販売で構成されています。楽器は振動によって音を出すもので、ほとんどの楽器は音符と呼ばれる特定の周波数の音域を出すように調律されています。

楽器の主な種類は、弦楽器、金管楽器、木管楽器、打楽器、そして鍵盤楽器です。弦楽器は、振動する弦を使って音を出し、ギター、エレキベース、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、バンジョー、マンドリン、ウクレレ、ハープなどがあり、中でもギターは最も一般的な弦楽器です。楽器の流通経路としては、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンライン販売チャネルなどがあります。2021年の楽器市場において、アジア太平洋地域は最大市場となりました。

ライブ演奏やコンサートでの人気の高まりが、楽器市場の成長を後押ししています。ライブ演奏やコンサートは、気分の向上、感情の高揚、健康維持、社交の場として役立つ音楽的な関わりです。また、人々を集め、同じような音楽の好みや経験を持つグループを団結させ、アーティストとつながることができます。例えば、ライブ音楽発見・チケット購入アプリ「Bandsintown」によると、2022年1月のチケット販売枚数は、2019年の2倍と言われています。このように、音楽ライブの増加により、楽器の需要が高まっています。

技術的な進歩は、楽器市場で人気を博している重要なトレンドです。例えば、2021年4月、日本の多国籍電子機器製造企業であるカシオ計算機株式会社は、いつでもどこでも音楽を作るというコンセプトで設計されたデジタルキーボード「Casiotone CT-S1」を発売しました。カシオ計算機のデジタルキーボードは、様々なニーズやシチュエーションに対応することを主眼に開発されており、日常生活の中で音楽づくりに興味を持つ大人のユーザー向けに特別にデザインされたものです。鍵盤の列と内蔵スピーカー、限られたボタンで構成され、利用者の生活モードと調和するように使用することが出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]