美容整形の市場規模、2026年に483億4,000万米ドル到達予測

美容整形の市場規模は、2021年の390億1000万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2022年に406億7000万米ドルとし、さらに2026年には483億4,000万米ドルに達すると予測されています。

美容整形市場は、特定の身体部位の物理的または美容的外観の改善に焦点を当てた事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による美容整形手術サービスの販売で構成されています。この手術には、損傷した皮膚の修復、シワやシミの除去が含まれ、肌の引き締めや見た目の改善、顔立ちの調整、増毛、脱毛などが含まれます。

美容整形の施術の種類は、外科的施術、非外科的施術、およびその他の施術に分類されます。外科的施術は、外見を改善するために身体の構造を強化し形を変える、侵襲的な手術を含みます。美容整形は、スパや美容整形センター、病院、専門クリニックなど、多様な形態で、男女の性別に関係なく提供されています。また、脂肪吸引、まぶたや鼻の手術、体の輪郭形成、顔の再建、美容インプラントなどに適用されます。2021年の美容整形市場において、北米は最大市場であり、今後最も急成長する地域と考えられています。

美容整形医院の増加により、美容整形市場の成長が促進されています。美容整形は、皮膚の損傷部分を修復したり、シワやシミを取り除いたりして、人の外見を改善するために行われるもので、メディア、ファッション、映画産業などの社会的・文化的影響や、外見や魅力に対する同調圧力、美に対する意識の変化などにより、世界中で増加しています。例えば、形成外科の専門機関である米国形成外科学会によると、2020年、米国では美容整形に167億米ドルが費やされ、1560万件の美容整形が行われ、そのうち230万件は美容整形手術、1320万件は低侵襲手術、680万件は再建術が占めています。美容整形手術の増加により、手術を行う病院、独立した外来手術施設、オフィス施設の数が増加しています。

美容整形手術や低侵襲手術に対する需要の高まりは、過去数年の間に増加しています。美容整形市場で人気を博している重要なトレンドとなっているボツリヌス毒素は、ボトックスとしても知られる毒素注射で、シワの原因となる筋肉を弛緩させることで外見を改善するために使用されます。この注射は、目の問題、偏頭痛、多汗症、過活動膀胱などの治療にも使用されています。2021年、米国形成外科学会の調査によると、ボトックス注射は2020年に最も人気のある非侵襲的な美容整形術で、2019年には440万件の施術が行われたことが報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]