デジタルX線装置の市場規模、2026年に135億4000万米ドル到達予測

デジタルX線装置の市場規模は、2021年の91億9000万米ドルからCAGR8.0%で成長し、2022年に99億3000万米ドル、2026年には135億4000万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、診断や治療のため身体の部位の画像をコンピュータ上で瞬時に生成する、デジタルX線撮影を採用する事業体(組織、パートナーシップ、個人事業主)による製品の販売で構成されています。

デジタルX線の主な技術には、直接撮影法とコンピューテッドラジオグラフィーがあります。デジタルX線直接撮影法(DDR)は、検出器で画像を直接デジタル登録するもので、コンピューテッドラジオグラフィー(CR)のようにデジタル信号を得るための中間処理工程が必要ありません。また、携帯型、移動型、床置き型、天井埋め込み型、固定型など、さまざまなタイプがあり、一般撮影、胸部撮影、整形外科、心臓血管撮影、その他の一般撮影、歯科、マンモグラフィー、癌、透視などの用途に使用されます。これらは、病院、診断センター、歯科医療センターなどのエンドユーザーによって使用されています。2021年は、北米が最大市場であり、今後も急成長する地域として期待されています

交通事故事例の増加は、今後数年間、デジタルX線装置市場の成長を促進すると予想されます。例えば、米国連邦政府によると、2021年上半期に交通事故死者が急増し、6ヶ月間で過去最大の増加率を記録しました。米国で発生した自動車事故による死者は2万人を超え、2020年の同時期から20%近く増加しています。交通事故事例の増加がデジタルX線装置市場を牽引しています。

技術の進歩は、デジタルX線装置市場で人気を博している重要なトレンドです。AIの統合は、さまざまなアプリケーションでデジタルX線装置を使用する機会を提供します。人工知能は、係数を検出し、診断エラーを減らすために使用されます。例えば、2020年1月、革新的な医療画像技術企業であるNanoxは、デジタルX線装置市場が世界中で成長するのに役立つ、放射線科医のマッチング、オンラインおよびオフラインの診断レビューと注釈、診断支援人工知能システムへの接続、課金とレポートなど、エンドツーエンドの医療画像サービスを提供するために設計されるクラウド型ソフトウェアを開発しました。

2021年4月、ドイツの医療機器メーカーであるSiemens Healthineersは、Varianを非公開の金額で買収しました。この買収を通じて、両社はがん治療や医療システムにおける地位を確保することを目指しています。さらに、がん治療の全過程と主要な治療ルートにおいて、顧客と患者を支援することができる強力で信頼できるパートナーを構築しています。Varianは、英国に本拠を置くX線機器製造会社です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]