急性骨髄性白血病の市場規模、2026年に18億4000万米ドル到達予測

急性骨髄性白血病(AML)の市場規模は、2021年の10億2000万米ドルからCAGR12.3%で成長し、2022年に11億5000万米ドル、2026年には18億4000万米ドルに達すると予測されています。

急性骨髄性白血病市場は、骨髄細胞が遺伝物質やDNAを変化させる血液や骨髄のがんである急性骨髄性白血病治療サービスの事業体(組織、パートナーシップ、個人事業主)による販売で構成されています。また、65歳以上の成人に多く見られ、骨髄系細胞と呼ばれる血液細胞の一群を侵し、健康へ悪影響を及ぼすことが指摘されています。急性骨髄性白血病の初期段階における一般的な症状としては、骨の痛み、頻繁な感染症、青白い皮膚、鼻血、歯茎からの出血などが挙げられます。

急性骨髄性白血病の治療法には、化学療法、放射線療法、幹細胞移植、標的治療などがあります。化学療法は、強力な化学物質を用いて体内で急速に増殖する細胞を死滅させる薬物治療法で、シタラビン、アントラサイクリン系薬剤、アルキル化剤、代謝拮抗剤、チロシンキナーゼ阻害剤、ホルモン療法などの種類があり、DC療法、AVD療法、VCD療法など、さまざまなレジメンがあります。また、その治療は、病院、小売店、外来診療センター、診療所などのエンドユーザーによって行われています。地域別に、2021年は、北米が最大市場となりました。

高齢者人口とアンメットヘルスケアニーズの増大が、今後数年間における急性骨髄性白血病市場の成長を促進すると予想されます。例えば、全米の任意健康団体である米国がん協会(ACS)によると、2019年、AMLは診断時の平均年齢が68歳と高齢者に多く、その生存率は著しく低いと報告されています。高齢者人口ベースとアンメットヘルスケアニーズの増加が同市場の成長を牽引しています。

製薬グループを利用した研究開発への投資が、急性骨髄性白血病市場で増加しています。R&Dは、医薬品開発のニーズを満たすために、新しく改良された製品やサービスを開発するために使用されます。例えば、2020年4月、ポーランドに拠点を置くバイオ医薬品会社Ryvuは、イタリアの製薬会社Menariniと提携し、急性骨髄性白血病(AML)の第I/II相試験パートを完了し、自社開発資産による史上初のデータを発表しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]