昆虫成長制御剤の市場規模、2026年に10億8000万米ドル到達予測

昆虫成長制御剤(IGR)の市場規模は、2021年の8億2000万米ドルからCAGR 5.7%で成長し、2022年に8億6000万米ドル、2026年には10億8000万米ドルに達すると予測されています。

昆虫成長制御剤市場は、昆虫の成熟プロセスを停止、減速、妨害する昆虫忌避剤であり、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による製品の販売で構成されています。また、寄生虫、ゴキブリ、蚊を含む多くの種類の昆虫の成長を調節することができ、ある段階から別の段階への変体、および卵孵を阻害することができます。昆虫成長制御剤の中には、成虫を殺す殺虫剤と混合されている製品もあります。

昆虫成長制御剤の種類には、キチン合成阻害剤、幼若ホルモン類似体および模倣体、および抗幼若ホルモン剤があります。キチン合成阻害剤は、キチンと外骨格が形成される過程を阻害することにより、化学的に変化させた複合体で、真菌類の発生を制御したり、牛やペットに寄生するノミを模倣するために広く使用されています。また、ベイト剤、液体、エアゾールなどの泡沫タイプをベースにしており、農業、家畜害虫、商業害虫駆除に適用されています。

地域別に、2021年は、アジア太平洋市場が最大で、今後も急速に成長すると考えられています。

環境に優しい農薬の増加は、昆虫成長制御剤市場の成長に大きく寄与しています。農薬は、害虫を抑止、無力化、殺傷する、ウイルス、細菌、抗菌剤、殺菌剤など化学要素です。有機農法では、天然由来の農薬であるため分解が早く、環境負荷の少ない農薬が使用され、慢性中毒の潜在的なリスクも最小限に抑えることができます。例えば、2019年、インドの科学団体であるISCAは、ISCA Technologies, Inc.とISCA Technologies, Ltda.の合併により、環境に優しい害虫駆除を提供する立場を強化しました。さらにISCAは、米国農務省、米国、国防総省、国立科学財団、ゲイツ財団などから3,000万米ドルの競争的連邦補助金を獲得しています。環境に優しい農薬に対する需要の高まりは、昆虫成長制御剤市場の成長に寄与しています。

高度な技術の採用は、昆虫成長制御剤市場の成長の重要な要素です。さまざまな技術が使用されている作物保護は、圃場や貯蔵中の作物の、害虫による損失を防止・軽減するために確立されており、農家が収穫物を昆虫、病気、雑草から守るために使用する製品、ツール、実践が含まれます。農薬の技術進歩や採用は、自然で持続可能なアプローチで作物の生産性を向上させます。例えば、2021年11月、Syngenta Crop Protectionは、昆虫防除のための新しい作用モードを持つ新規有効成分であるPLINAZOLIN技術を発表しました。また、2021年8月には、米国農務省農業研究サービス(ARS)の科学者が、「受容体干渉」(RECEPTOR-i)という害虫防除の新技術を開発し、生きていくために不可欠なヒアリの生理プロセスを混乱させて、自然の生物防除戦略を実現させたと報告しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]