フレーバーウォーターの市場規模、2026年に349億7000万米ドル到達予測

フレーバーウォーターの市場規模は、2021年の234億4000万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2022年に253億8000万米ドル、さらに2026年には349億7000万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、パッケージ化されたミネラルウォーターにさまざまなフルーツフレーバーや人工甘味料を注入する事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による製品の販売で構成されています。フレーバーウォーターは、種類によっては、体重増加を招くことなく、水分補給をすることができ、植物エキスや果汁を使用したものもあり、貴重な抗酸化物質を摂取することができます。また、天然または合成香料を使用することができます。

フレーバーウォーターの主な種類には、炭酸フレーバーウォーターとスティルフレーバーウォーターがあります。炭酸は、圧力下で炭酸ガスが注入されたフレーバーウォーターのタイプです。また、ブルーベリー、スイカ、コーラ、ココナッツ、シトラス、無香料などさまざまな種類があり、店舗やスーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストアで販売されています。同製品は、ボトル、缶、箱、パウチなどに詰められており、飲料業界、醸造業界、健康業界、その他さまざまな業界で採用されています。

地域別に、2021年は、北米が最大市場であり、今後も急成長する地域であると予想されます。

健康的なライフスタイルに向けた消費者志向の高まりは、フレーバーウォーター市場の成長を推進することが期待されます。水やジュースなど透明な液体食は消化が早く、腸内に未消化物が残らないため、健康的なライフスタイルを志向する人により、液体食を食習慣に取り入れる方法として選択されています。フルーツ入りの水やフレーバーウォーターには、冷たいコップ一杯の水分補給と、選んだ食材の鮮やかな甘みやピリッとした風味が含まれており、フレーバーを加えることで、より多くの水分を摂取できる傾向があります。このように、水にフレーバーを加えることは水をより魅力的なものとし、同時に栄養を加えることも可能です。アメリカの経済誌『Forbes』によると、2020年には50歳以上の消費者多くが10年前よりも飲食物の栄養価を気にするようになっており、多くの米国人が砂糖の摂取制限を目指しているとしています。健康的なライフスタイルに対する消費者の志向の高まりは、フレーバーウォーターの成長を促進しています。

企業間の戦略的コラボレーションは、フレーバーウォーター市場で人気を博している重要なトレンドです。フレーバーウォーター製品を製造する企業は、新技術や新製品を開発するために提携や共同研究を行っています。例えば、2022年1月、米国のフレーバーウォーター製造会社であるPhocusは、全米でスーパーマーケットや百貨店を展開する米国の小売企業であるKrogerと提携を結びました。Kroger社との契約により、Phocusはジョージア州全域とアラバマ州、サウスカロライナ州の一部でKroger社に属する185店舗で製品を追加販売することができるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]