野球用品の市場規模、2026年に175億6000万米ドル到達予測

野球用品の市場規模は、2021年の150億米ドルからCAGR2.6%で成長し、2022年には154億米ドル、さらに2026年には175億6000万米ドルに達すると予測されています。

同市場は、野球用品を提供する事業体(団体、個人事業主、パートナーシップ)による野球用品の販売で構成されています。野球は、各チーム9人が交互にバッティングとフィールディングを行う、バット&ボールを使用したゲームです。野球用品は、ヘルメット、グローブ、用具入れ、ジョックストラップ、クリート、アームガード、胸部プロテクター、ジャージなど、大会中の選手の保護、興行、危険な事故回避のために使用されています。

野球用品の主な種類は、バット、ヘルメット、用具入れ、グローブなどです。バットは、野球の試合に使用される木製、丸型、中空のアルミ製の固体バットで、個人、団体、プロモーションなど、購入者のタイプに応じて購入されます。野球用品は、スーパーマーケットやハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストアなど、さまざまなチャネルを通じて販売されています。

地域別に、2021年は、北米が最大市場となりました。アジア太平洋地域は、最も急速に成長する地域と予想されています。

大会やリーグに対する政府の注力は、野球用品市場の成長を後押ししています。各国政府は、プロスポーツとして野球への参加者を増やすことに注力しています。野球が健康意識の向上に役立っていることが、野球用品業界を後押ししています。例えば、2019年2月、米国政府は、さまざまな大会やリーグについて、参加者により良い指導を提供するために、4日間、オンフィールドとオフフィールドの両方のアスリート育成プログラムを導入しました。したがって、政府がさまざまなトーナメントやリーグに注力していることは、野球用品市場を急速に牽引しています。

技術革新は、野球用品市場で注力されている傾向です。市場の利害関係者の多くが、パフォーマンスを向上させる先進的な機器の開発に注力しています。例えば、米国のヒューマンモーション学習システム会社であるK-Motion社のK-Vestは、打者の胴体上部、骨盤、リードアーム、手にセンサーを装着し、スイング効率を詳細に分析するために動きを取得します。このセンサーが収集したデータは、ノートパソコンに転送され、スイングメカニクスの3Dレンダリングとなり分析することで、ゲームのパフォーマンスを向上させることができます。

2020年、米国の投資持株会社であるCompass Diversified Holdingsは、Marucci Sportsを買収価格2億米ドルで取得しました。この買収により、Marucciのクラス最高の製品ポートフォリオをさらに拡大し、新しい市場に浸透させ、ブランドのプレゼンスを国際的に発展させることができます。Marucci Sportsは、米国のスポーツメーカーで、野球用品を製造しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]