予防医療技術・サービスの市場規模、2026年に3819億2,000万米ドル到達予測

予防医療技術・サービス市場は、2021年の1925億9000万米ドルからCAGR14.1%で成長し、2022年に2197億6000万米ドルとし、さらに、2026年には3819億2,000万米ドルに達すると予測されています。

予防医療技術・サービス市場は、医療従事者による対策や将来の病気の特定、治療などに用いられる、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による予防医療技術・サービスの販売で構成されており、その技術には、健康問題の特定と予防のためのスクリーニング検査、健康診断、患者へのカウンセリングなどが含まれます。予防医療技術装置は、血中酸素飽和度、心拍数、血圧、睡眠パターンなどの日常生活の健康パターンを測定するために使用されています。

種類別に、市場には、早期発見・スクリーニング技術、ワクチン、慢性疾患管理技術、エラー削減のための高度技術などがあり、早期発見・スクリーニング技術には、X線、CT、超音波、磁気共鳴画像法(MRI)などがあり、患者の将来の健康状態を特定するために使用されます。

地域別に、2021年は北米が最大市場となり、同時に最も成長する地域になると予想されます。

高齢者人口の増加により、予防医療技術およびサービス市場の需要が高まっています。医療問題は年齢とともに増加しており、問題の予防や早期発見、問題のリスクを低減することができます。政府間機関である国連の調査によると、2019年の世界の65歳以上の高齢者人口は約7億300万人であり、2050年には約15億人に達すると予測されています。この事は、予防医療技術市場に直接影響を与える可能性があります。

予防医療技術としての人工知能(AI)活用は、予防医療技術・サービス市場のトレンドとして高まっています。1型糖尿病の特定、アルツハイマーの兆候、乳がんや心血管疾患の予測など、多くの病状は高度なAI技術を使用して特定することが可能です。ボストンにあるマサチューセッツ総合病院の整形外科脊椎手術の専門家の中には、機械学習とAIは、患者の履歴と利用可能な履歴データベースに基づいて、患者のどこで骨折が起こるかをパーソナライズされた正確な想定で予測することもできるという人もいます。同様に、2020年11月には、米アイルランドの登録医療機器企業であるMedtronicが、AI駆動の手術計画や予測モデリングツールを提供し、脊椎管理の質向上に貢献するフランス拠点の企業、Medicreaを買収しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]