製品ライフサイクル管理の市場規模、2025年に451億9310万米ドル到達予測

製品ライフサイクル管理の市場規模は、2020年の307億6530万米ドルからCAGR8.0%で成長し、2025年には451億9310万米ドルに達すると予測されています。その後、9.2%で成長し、702億5820万米ドルに達すると予測されます。

この成長は、クラウドベースの製品ライフサイクル管理ソリューションに対する需要の高まり、新興市場の成長、インターネット普及率の上昇、人口動態の変化、製品イノベーションプラットフォーム、eコマースの普及率の上昇に起因しています。一方、マイナスの影響としては、カスタマイズの難しさ、データセキュリティやデータ盗難に関する懸念、コロナウィルスの大流行、スキル不足などが挙げられます。

今後は、最終使用産業による製品ライフサイクル管理(PLM)の採用拡大、スマート製品やインテリジェント工場の複雑化、M&Aの増加、PLMアプリケーションにおける統合IoTソリューションの採用拡大などを要因に、成長が期待されています。また、抑制要因としては、激しい競争、セキュリティの課題、迅速な適応ができないことなどが挙げられます。

コンポーネント別に、市場は、ソフトウェアとサービスに分類されます。このうち、サービス市場は、2020年に全体の56.1%を占めました。ソフトウェアは、2020~2025年のCAGR8.9%と、今後の成長が期待されています。

展開別に、市場は、オンプレミスとオンクラウドに分類されます。オンプレミス市場は2020年に全体の66.3%を占めました。一方、オンクラウド市場は、2020~2025年のCAGR12.3%で、最も成長するセグメントと予測されます。

エンドユーザー別に、市場は、自動車・輸送、産業機械、電子・半導体、小売、エネルギー・公共事業、航空宇宙・防衛、医薬品、IT・通信、その他に分類されています。このうち、自動車・運輸市場が最も大きく、2020年に全体の25.2%を占めました。医薬品は、2020~2025年のCAGR8.6%となり、今後最も成長が期待される市場です。

地域別に、北米市場が最大で、2020年に全体の36.5%を占め、西ヨーロッパ、アジア太平洋、南米地域が、これに続きます。今後、成長する地域としては、北米と西ヨーロッパ地域が、それぞれCAGR9.4%と8.2%を記録し、次いで、アジア太平洋、中東地域がそれぞれ6.8%、6.5%を記録すると思われます。

世界の製品ライフサイクル管理市場には、多数の小規模な企業が参入しています。同市場の上位10社は、2020年の市場全体の14.4%を占めています。その主要プレイヤーには、Oracle Corporation、Siemens AG、PTC Inc.、Dassault Systemes SE、Autodesk, Inc.が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]