ポリアクリルアミドの市場規模、2025年に50億1500万米ドル到達予測

ポリアクリルアミドの市場規模は、2020年の34億8870万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2025年には50億1500万米ドルに達すると予測されています。その後、5.4%で成長し、2030年には65億1690万米ドルに達すると予測されます。

この成長は、ポリアクリルアミドの用途の増加、パルプ・製紙産業の成長、強い経済成長、石油回収のためのポリアクリルアミドの需要、廃水処理に関する政府の規制からもたらされたものです。一方、市場は、ポリアクリルアミドをめぐる地政学的な緊張、厳しい規制、環境問題によって制限を受けました。

今後は、廃水処理の需要増加、アジア太平洋地域における急速な工業化と石油・ガス産業の成長、バイオベースのポリアクリルアミドの開発などが、ポリアクリルアミド市場の成長を牽引するものと思われます。また、その抑制要因としては、原料価格の変動、中国メーカーへのアンチダンピング関税、コロナウィルスの大流行などが挙げられます。

製品別に、市場は、アニオン系、カチオン系、ノニオン系、その他に分類されます。アニオン系は最も大きく、2020年には全体の54.3%を占めました。カチオン系は2020年~2025年のCAGR7.6%で、最も成長するセグメントと予測されます。

物理形態別に、市場は、粉末、液体、エマルジョンまたはディスパージョンに分類されます。液体市場が最大のセグメントであり、2020年には全体の56.8%を占め、2020~2025年のCAGR7.5%で最も成長すると予測されます。

エンドユーザー別に、市場は、水処理、石油・ガス、パルプ・製紙、鉱業、その他のエンドユーザーに分類されます。水処理市場は2020年に全体の35.4%を占め、最大のセグメントとなりました。今後、成長著しいのは、水処理市場と鉱業市場で、2020年から2025年のCAGR7.54%で最も成長すると予測されます。

地域別に、アジア太平洋市場が最大で、2020年に全体の30.9%を占め、北米、西ヨーロッパ、その他の地域がこれに続きます。今後、最も成長する地域は北米とアジア太平洋で、2020~2025年のCAGRはそれぞれ8.7%と8.0%と予測されます。これに続くのがアフリカと中東で、それぞれCAGR7.6%と7.5%で成長すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]