ジェネリック医薬品の市場規模、2025年に2581億6280万米ドル到達予測

ジェネリック医薬品の市場規模は、2020年の1859億8340万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2025年には2581億6280万米ドルに達すると予測されています。その後、CAGR7.4%で成長し、2030年には3691億5280万米ドルに達すると予測されています。

この成長は、医療に対する意識の変化と支出の増加、医薬品の特許満了、呼吸器系疾患の増加、ライフスタイルの変化、外科手術の増加、新興市場の経済成長、保険適用の拡大、高齢者人口の急増、承認数の増加などに起因しています。さらに、慢性疾患の増加、規制当局の支援強化、創薬の新手法、薬物送達とモニタリングの新手法、医療費の増加、高齢者人口の増加、主要な医薬品特許なども、今後の成長要因となっています。

一方、マイナス要因としては、ジェネリック医薬品に対する認知度の低さ、規制の変更による課題、医療アクセスの低さなどがあり、さらに、医薬品に伴う副作用、代替療法や自然療法の人気上昇、コロナウイルスの大流行、一人当たりの医療費の低さなどが追い打ちをかけると思われます。

治療法別に、市場は、中枢神経系、循環器系、皮膚科、泌尿生殖器系、呼吸器系、リウマチ系、糖尿病、腫瘍、バイオシミラー、その他に分類されます。その他セグメントは、2020年に756億1950万米ドルを占め、2025年にはCAGR6.1%で1018億9910万米ドルに達すると予測されています。バイオシミラーセグメントは、2020〜2025年の間CAGR17.8%で急速に成長すると思われます。

流通チャネル別に、市場は、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分類されます。病院薬局セグメントは、2020年に924億7850万米ドルを占め、2025年にはCAGR6.8%で1,283億4800万米ドルに達すると予測されます。オンライン薬局セグメントは、2020年から2025年の間CAGR9.1%の最速で成長すると思われます。

タイプ別に、市場は、バイオシミラーとジェネリック医薬品に区分されます。ジェネリック医薬品セグメントは、2020年に1761億9150万米ドルを占め、2025年にはCAGR6.0%で成長し2359億4910万米ドルに達すると予測されています。バイオシミラーセグメントは、2020~2025年の間CAGR17.8%の最速で成長すると予測されます。

薬物送達別に、市場は、経口剤、注射剤、皮膚・外用剤、吸入剤に区分されます。経口セグメントは、2020年の1044億3400万米ドルからCAGR6.4%で成長し、2025年には1423億620万米ドルに達すると予測されます。皮膚・外用剤セグメントは、2020〜2025年の間CAGR8.2%の最速で成長すると予測されます。

地域別に、北米市場が最大となり、2020年には全体の48.3%を占め、アジア太平洋、西ヨーロッパがこれに続きます。今後、最も成長する地域は南米と中東で、2020〜2025年の間それぞれCAGR10.1%、9.4%で成長することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]