炭素回収・利用・貯留市場、2025年に31億8,260万米ドル到達予測

炭素回収・利用・貯留市場は、2020年の18億1,680万米ドルからCAGR 11.9%で成長し、2025年には31億8,260万米ドルに達すると予測されています。さらに、2030年には60億8,530万米ドルに達すると考えられます。

この歴史的成長は、新興市場の力強い経済成長、二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心の高まり、医療業界からの需要増加によってもたらされました。一方、その抑制要因としては、安全性と規制の変化が挙げられます。今後、市場は、政府の支援策、投資の増加、二酸化炭素排出量削減への関心の高まり、石油・ガス産業からの需要の増加、金銭的に有利な機会を提供する炭素回収などに支えられるものの、高い資本コスト、COVID-19の影響、自由貿易の縮小などが不安要素になっています。

技術別に、市場は、燃焼前、燃焼後、酸素燃焼に分類されます。このうち、燃焼後市場が2020年に全体の53.6%を占めました。また、酸素燃焼セグメントは2020~2025年にCAGR12.8%に達しました。

サービス別に、市場は、回収、輸送、利用、貯留に分類されます。2020年は回収セグメントが全体の44.9%を占めて最大となりました。貯留セグメントは、2020~2025年のCAGR13.3%で急成長すると予測されます。

最終用途産業別に、市場は、石油・ガス、発電、鉄鋼、化学・石油化学、セメント、その他に分類されます。石油・ガス市場は2020年に全体の60.9%を占めました。鉄鋼セグメントは2020~2025年の間CAGR13.2%で成長すると思われます。

地域別に、北米市場が最大で、2020年には全体の34.9%を占め、アジア太平洋と西欧地域がこれに続いています。成長率が期待できる地域は東欧とアジア太平洋で、それぞれ2020〜2025年の間CAGR14.6%と14.2%で成長することが期待されています。さらに、中東とアフリカ地域は、同期間CAGR13.0%と12.8%が予測されます。

炭素回収・利用・貯留市場には、多数の小規模なプレーヤーが存在しており、2020年の競合上位10社は、市場全体の25.71%を占めるに過ぎません。市場の主要プレーヤーには、 Royal Dutch Shell Plc、Aker Solutions、Linde PLC、Fluor Corporation、三菱重工業、三菱電機などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]