歯科インプラントの市場規模、2025年に64億3870万米ドル到達予測

歯科インプラントの市場規模は、2020年の44億5380万米ドルからCAGR7.7%で成長し、2025年には64億3870万米ドルに達すると予測されています。その後、CAGR8.5%で成長し、2030年には96億7550万米ドルに達すると予測されます。

この歴史的成長は、新興市場における歯科医療サービスの需要拡大、高齢者人口の増加、政府の好意的な取り組みに起因しています。さらに、審美歯科の需要、歯科疾患の発生率の増加、有利な機会を提供する歯科処置の認知度の向上が予想されます。一方、マイナスの要因としては、インプラント治療への保険適用の制限、先進国での賃金上昇率の低下、COVID-19の影響などが挙げられ、手術の高コストが今後の課題となります。

製品別に、市場は、テーパーインプラントとパラレルウォールインプラントに分類されます。中でも、テーパーインプラントは最大セグメントで、2020年には全体の76.9%を占めました。パラレルウォールインプラントは、2020-2025年の間CAGR8.0%の最速で成長すると予測されています。

材料別に、市場は、チタン、ジルコニウム、その他に分類されます。チタン市場は、2020年に69.3%を占めた最大セグメントで、2020-2025年の間CAGR7.8%で最速で成長が期待されるセグメントでもあります。

エンドユーザー別に、市場は、病院と歯科クリニックに分類されます。病院セグメントは、2020年に全体の66.8%を占めた最大セグメントです。一方、歯科クリニックは2020-2025年の間にCAGR 9.0%で成長すると期待されています。

地域別に、北米市場が最大となり、2020年には全体の31.4%を占め、西欧、アジア太平洋がこれに続きます。今後、最も成長が期待できる地域は北米と西欧で、それぞれCAGR8.1%と7.9%で成長することが予測されます。さらに、アジア太平洋と東欧地域は、2020~2025年の間CAGR7.7%と6.9%で成長することが予測されています。

歯科インプラント市場の上位10社の競合は、2020年の市場全体の61.92%を占めるに至りました。市場の主なプレーヤーは、Henry Schein, Inc、Straumann Group、Zimmer Biomet Holdings Inc、Envista Holdings Corporation、DENTSPLY Sironaなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]