がんモノクローナル抗体の市場規模、2025年に860億5670万米ドル到達予測

がんモノクローナル抗体の市場規模は、2020年の537億8510万米ドルからCAGR9.9%で成長し、2025年には860億5670万米ドルに達すると予測されています。その後、2030年には1222億8370万米ドルに達すると予測されます。

この歴史的成長は、新興市場の成長、研究開発費の増加、老年人口の増加、生物学的治療への嗜好の高まりに起因しています。同市場の成長を抑制する要因としては、医療アクセスの低下、臨床試験におけるがんモノクローナル抗体の失敗、臨床試験における代替エンドポイントの使用、規制当局による価格圧力などが挙げられます。

今後は、がんの有病率の増加、世界的なアクセスの拡大、医療費の増加が成長の原動力になると考えられます。一方、モノクローナル抗体の開発における高コスト、厳しい規制ガイドラインなどが今後の課題になります。

治療法別に、市場は、アバスチン、ハーセプチン、キイトルーダ、オプジーボ、ダーザレックス、パージェタ、その他に分類されます。その他市場は最大セグメントであり、2020年には全体の30.4%を占めました。ダーザレックス市場は、2020年~2025年にCAGR17.8%に達し、最も成長が期待されるセグメントとなっています。

用途別に、市場は、乳がん、血液がん、肺がん、脳腫瘍、大腸がん、子宮頸がん、胃がん、その他に分類されています。その他セグメントは、2020年に全体の28.7%を占め、2020年から2025年のCAGR12.3%成長することが予測されます。

エンドユーザー別に、市場は、病院・診療所、研究所、その他に区分されます。病院セグメントは2020年に72.5%を占め最大となりました。その他セグメントが2020年~2025年の間CAGR10.1%で成長すると予測されます。

地域別に、北米市場が最大で、2020年には全体の47.9%を占め、アジア太平洋、西欧がこれに続きます。今後、は、南米とアフリカがそれぞれCAGR14.0%と12.8%で成長することが予想されます。さらに、中東と北米が、それぞれ12.1%と10.7%のCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]