ボイスプロテーゼ装置の市場規模、2025年に3億5,000万米ドル到達予測

ボイスプロテーゼ装置の市場規模は、2020年の2億6,390万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2025年には3億5,000万米ドルに達すると予測されています。その後、2030年には4億980万米ドルに達すると思われます。

この、歴史的な成長は、医療施設数の増加、新興市場の経済成長、喫煙とアルコールの普及、高齢者人口の急増などに起因しています。一方、市場にマイナスの影響を与えた要因としては、医療費償還の低さ、政治的な不確実性、医療アクセスの低さなどが挙げられます。

今後は、医療費の増加、医療アクセスの向上、喉頭がん患者の増加などによる、市場のさらなる成長が考えられますが、コロナウイルスの流行、規制の変更などにより課題が残ります。

ボイスプロテーゼ装置市場は、機器の種類によって、留置型人工声帯機器と非留置型人工声帯機器に分類されます。留置型ボイスプロテーゼ装置は、2020年のシェア71.8%にあたる1億8,950万米ドルを占めました。非留置型音声人工器官市場は、今後、CAGR6.8%で最速で成長すると思われます。

エンドユーザー別に、市場は、病院、外来手術センター、その他のエンドユーザーに区分されます。病院セグメントは、2020年の市場全体の73.0%にあたる1億9,260万米ドルを占めました。外来手術センター市場は、CAGR6.1%で今後最も成長するセグメントと思われます。

製品タイプ別に、市場は、ソフトバルブアセンブリ、ハードバルブアセンブリ、その他に区分されます。ソフトバルブアセンブリは、2020年に市場全体の50.8%に相当する1億3,420万米ドルを占め、今後、CAGR 6.8%で成長すると期待されています。

バルブタイプ別に、市場は、Blom-Singer Valve、Provox Valve、Groningen Valveに分類されます。Blom-Singer Valve市場は、2020年には市場全体の59.2%に相当する1億5,620万米ドルを占めました。Provox Valveは、今後CAGR6.6%で成長することが予測されます。

素材別に、市場は、シリコーンゴム、シリコーン、フッ素樹脂、その他に区分されます。シリコーンセグメントは、2020年には44.8%に相当する1億1,820万米ドルを占めました。その他の素材は、今後CAGR7.2%で成長すると予測されます。

地域別に、北米市場が最大で、2020年の市場の33.4%を占め、アジア太平洋地域、西欧地域、その他地域がこれに続きます。今後、最も成長する地域は、東欧およびアジア太平洋で、2020年から2025年のCAGRは、それぞれ6.9%と6.7%で成長すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]